Leoの花の写真

身近な花の写真 風景の写真

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白馬五竜を望む道

2011-09-19
写真
詳しくはこちらのサイトを見て下さい。
http://www.hakubaescal.com/green/index.html
http://www.hakubagoryu.com/

白馬五竜スキー場のゴンドラに乗り、雲上の植物園に入ります。
さらにリフトに乗って上がるのですが平日はなんとリフトが動いておりません。
ガビ~ンですが仕方ありませんので歩いて登ります。
小遠見まで登るまでが一般的なコースでそれ以上は五竜岳への登山ルートとなります。
リフト無しでも標高差500㍍ですし道はとても整備されていますので気合と少しの根性でなんとかなるでしょう(^O^)
五竜岳へは小遠見からさらに5キロ、標高差800㍍となりますが登り返しが有るようですのでゴンドラ駅から1500㍍弱を覚悟した方が良いようです、気合と根性だけでは厳しいかもしれません。
栂池または八方尾根から登って縦走・下山が無難のような気がします。

五竜までは、長野ICから通称「白馬オリンピック道路」の快適な道を1時間も掛からず白馬に到着します、途中から左折するとすぐ五竜のゴンドラ駅です。
鬼無里経由は通るだけなら止めましょう。

時期的には秋も良いのですが梅雨明けの7月中旬が良さそうです、売り物の「青いケシ」とコマクサを見る事が出来ます、段差が付いた花壇のコマクサは近くから好きな構図で撮る事が出来そうです。
梅雨明け頃は空気が澄んでいることも多いので、この頃に山の神を連れてまた行きたいものです。

慣れない方は八方尾根からゴンドラで登るか、黒菱林道を上がってリフトを2本乗り継ぎ、終点からセッセと登り、取り敢えず八方池まで辿り着けばパノラマが望めます、こちらの方がとても楽かと思います。
景色的にはどちらも良いですが、五竜岳の眺めは一段と素晴らしい気がします。
体力と時間次第でしょうか。

注意 現在黒菱林道は通行止めです、状況を確認して下さい。DSC09603_20110919195710.jpg
.
DSC09602.jpg

手前の尾根筋が八方尾根の登山道です、中央部の盛り上がりの向こう側が八方池だと思います。

DSC09604_20110919195709.jpg

DSC09686.jpg

おまけ
白馬方面を俯瞰、中央奥の方に「青鬼集落」が見えています。
DSC09570.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © saihokusibu All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。