Leoの花の写真

身近な花の写真 風景の写真

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼太郎の家を探してきた その2

2009-05-05
写真
パンフにも何も書かれていませんし案内板にも有りませんので、知らない人は全然判らない奥の方に忽然と現れました、ただのボロ屋で殆ど素通りされていますね。
数年以内に崩れ落ちそうです(^_^;)

追記

ボロに見えますが、新材を経年処理して新調したそうで、防燃加工もされているそうな。
建てた当初の写真を見るとだいぶ崩れた感があります。
正面の屋根の張り出しとつっかえ棒が外れて垂れ下がってしまっています。
写真で見ると風情が多少あるかもしれませんが実物はボロ屋そのものでした(^。^)

さらに追記

入って右手、高橋是清邸を過ぎて左手の森の中にあります、案内等はありませんのでご注意。
それなりの時間周囲をウロウロしていましたが何かあるのかと御同業が1名見に来たのみですぐ去っていきました。
ゴミ入れか何かに見えるのでしょうか、それにしてもボロ過ぎるのでこんな所にあるのは不自然と思ったりもしそうな気がしないでもありませんが。
DSC00430.jpg
DSC00431.jpg
DSC00433_20090504170135.jpg
DSC00434.jpg
DSC00435.jpg
DSC00438.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

Leoさん、こんにちは。
墓場の鬼太郎の家でしたっけ?
なんか・・思わず顔が綻んじゃいました(笑
新材を経年処理して新調とか、防燃加工もされているとか
そんな風に見えないのですか。
ちょっと楽しみにしてたんですけど、ボロ屋そのものって・・(^^;

あ、そうか。
これ、鬼太郎を「おにたろう」って読むのかも?(違?
・・素通りしなよう気をつけたいと思います♪

何処にも何も書かれていませんので

もう撤去されていると思ってそれほど気にしていませんでしたが目聡いので遠目に見つけて行って見たら有った、第一印象はボロイでした。
薄汚れた木の板に説明が薄く書いて有るだけなのですぐ前を通ってもスルーが普通の反応かと思います(^_^;)

入って東ゾーン方面右へ、高橋是清邸を過ぎて左手の森の中にポツンと立っていますので近くまで行けば判ると思います。
これだけをワザワザ見に行く価値はないかも、くどいようですがボロイです。
まぁ話の種にはなりそうですけど(^。^)

それにしてもお昼近くになると湧いてきますね、あきれました。

確かに!

単なるボロ家に見えてしまいます(^0^)
懐かしいなぁ「墓場の鬼太郎」!!
子供心に、「何でゲゲゲの鬼太郎にしちゃうんだろう?」と
思っていました。

それにしてもネズミオトコはセコイなぁと・・・
あんなのが今の世の中多いような気がします。
水木しげる先生はそこをお見通しだったのかな?

これ以外にも

小金井公園の桜もなかなか見事そうな予感です。
公園内の江戸東京たてもの園もいい意味で予想と違って良かったです。
紅葉の頃はまた素晴らしいかなと思われますので初冬にはまた行く予定です。
もし行かれるなら早い時間が宜しいです、良い子が湧いてきますのでご注意(ーー;)
駐車場の混雑も凄いです、時間制の料金も落ち着かないですが。
そちらからですと東口のPが近いですが歩きますので、小金井街道から回り込んで中央のPに入って一番奥に進んで下さい。
花小金井駅から歩くのも良い運動かな(^。^)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © saihokusibu All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。