Leoの花の写真

身近な花の写真 風景の写真

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌倉 天園ハイキングコースを歩く 

2009-12-31
写真

瑞岩寺に向かう途中の用水の落ち紅葉、彩度を思い切り上げております。

お寺の紅葉は既に終わっている様子で時間の都合もありますし有料というのも気に入らずまた後日にと言うことで先を急ぐ事に(^。^)

鎌倉宮ももう終わっていました。

紅葉谷と思しき地域を少し歩いてみましたがこれは住宅地以外のなにものでも無いようで果たして場所が違ったのかそもそもそんな実態はあるのかどうか不明であります。

お寺の手前直ぐ右側の登り道看板から登り開始、階段風だが登り難くはなくそれなりに急だがのんびり登れば雰囲気は良い、但し視界は悪い。

途中に茶店風のお店があります、しかし道は自然が一杯だが鎌倉の常でゴルフ場の横を通ったりすぐ住宅が有ったりと苦労して登った割には妙に白けたりします、こういうのは見なかった事にしましょう(ーー;)DSC06774.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

足尾 松木渓谷 その 30

2009-12-31
写真

錆び付いた設備が幾つか見えます、植栽と緑の復活がお題目のようですがこのまま放置されていても仕方無い気もします、元の景色を見る事はとても無理かな思ってしまいますね、孫子の代には緑が戻ってくるでしょうか。

いずれ事業仕分けでこんなものは止めてしまえになりそうか(ーー;)

DSC05992_20091228203316.jpg 

続きを読む

足尾 松木渓谷 その29

2009-12-30
写真

この 「カラミ」 と言う物はとても鉄分が多く残っているそうです、それで黒いのかどうかは不明です。

砂なら砂鉄かなとも思えますが小さな粒に見えますがたぶん近づくと砂利程度の大きさでしょうから鉄の塊なら売れば儲かりそうです。

残っている所をみるとそれほどの含有量ではないのでしょう。

DSC05968_20091228202818.jpg

続きを読む

鎌倉 妙本寺

2009-12-29
写真

朝早くと言ってもそれほど早くはない時間ですが、お坊さんと猫が居ただけで誰もいません。

冷え切った空気で身が引き締まります、大混雑の紅葉ピークかひっそりとした雰囲気か、どちらを取るかと問われるとなかなか難しいものがありますが、とにかくこのひと時はいいものです。

DSC06736.jpg

続きを読む

足尾 松木渓谷 その 28

2009-12-29
写真

いつの間にか思ったより高見に。

自然の砂のような地質と思っていましたが、どうも『カラミ』と云う銅の精錬時に出来る廃棄物? で集積所と言う事らしいです。

早い話がゴミ捨て場として積み上げられたようで積もり積もってこのようになったとは凄いものです。

DSC05938.jpg

続きを読む

足尾 松木渓谷 その27

2009-12-28
写真

セッセと来た道を戻ります、来るときはあまり感じませんでしたがそこそこ傾斜はありますので帰りは楽です。

急ぐとコケルので歩くときは歩く景色を見るときは立ち止まるの繰り返しです。

光線の加減もありますが例によって行きは気が付かなかった景色が沢山あります。

DSC05887_20091227182732.jpg

続きを読む

足尾 松木渓谷 その26

2009-12-27
写真

規模は小さいですがこの渓谷は滝が多いです、名前が付いているのか有っても資料はなさそうです。

ひとつひとつ潰していくのもテーマになりそうですが岩登りが出来ないと下から見上るだけでは是非もなし(^。^)

 DSC05878_20091227081615.jpg

続きを読む

足尾 松木渓谷 その25

2009-12-26
写真

こういう写真が撮れるとは思っていませんでした、まぁたいしたものではありませんが好みであります。

DSC05822_20091225202626.jpg

続きを読む

足尾 松木渓谷 その24

2009-12-25
写真

帰りは望遠ズームに交換してみました。

DSC05786.jpg

続きを読む

tag : 足尾 松木渓谷 その24

北鎌倉 円覚寺 門前紅葉

2009-12-24
写真

昨日の23日の残り紅葉でございます。

ピークは1ケ月前ですので周りの紅葉は枯れ落ちておりますがまだ頑張っておりました。

ピークの頃の混雑は相当なものらしく怖くて近寄れません、この時期は普通に歩けますよ。

ガラガラと言う訳にも参りませんが....空いてます。

建長寺の奥の方も丁度ピークの木が数本、それはそれは見事で御座いました。

何処にもへそ曲がりは居るようで(^。^)

DSC06956.jpg

続きを読む

足尾 松木渓谷 その23

2009-12-23
写真

23日は鎌倉へ行ってきました、鎌倉駅からお寺を巡りながら東へ向かいせっせと山伝いのハイキングコースを歩き北鎌倉へ。

紅葉も終わっているのに北鎌倉にも人がそれなりにいて少しがっかり。

それにしても朝の寒さに驚いた、電車の中が寒くて寝ていられない、手袋も必須ですね(ーー;)

早朝のお寺は流石に人が居らず引き締まった空気が心に染みます。

料金を取るから9時からしか入れないと云うのもなんだかなと思う所もありますし...まぁ合法的な裏技も無い訳でもありませんしどこでもOKでは無いですが(^。^)

適度な運動でしたが体が鈍ったか足が...

DSC05764_20091222203605.jpg

続きを読む

足尾 松木渓谷 その22

2009-12-22
写真

いや~寒いですね、ちょっとびっくり。

なんと今朝は公園の池が凍っていました、いくらなんでも早いような(ーー;)

近所の店で少し草臥れたゆずが投売りされてました、食用にはなんですがお風呂に入れるには丁度良いので1個幾らの所をひと山幾らで買ってきましたのでこれからゆず湯とさせて頂きます(^。^) 

来た道を黙々と戻ります、逆から見るとまた別の景色に見えてきます、逆光になって眩しい。

DSC05737.jpg 

続きを読む

足尾 松木渓谷 その21

2009-12-21
写真

対岸の木が渋く色づいておりました。

DSC05689.jpg

続きを読む

足尾 松木渓谷 その20

2009-12-20
写真

アップしたけれど見えなかった画像が見えたので再度上げて見たら治ったようだ。

まだ動きが変なような気がするが取り敢えず足尾シリーズは終わらせないと。DSC05674_20091220110212.jpg

続きを読む

謹告

2009-12-19
写真
いよいよこのブログの残り容量が尽きたようです。
アカマイ設定を飲めば容量は二倍になる仕様のようですが、取り敢えず設定してみましたがなんら変わりませんので画像のアップが出来ません、しっかり広告は表示されるようになりましたので設定は滞りなく出来たようです、アップ済みの一部の画像は消されたようで、こういう所はとても律儀のようで。
一杯になっても何のメッセージも出ず、対応にもバグがあると言うのもFC2らしいですね。

以前から考えてきた事もありますし取り敢えずこれで区切りと言う気もしますので休眠となるかもしれません、廃止ではありませんので今後どうするか考え中でありますのでまたよろしくお願い致します。

取り敢えず御報告まで m(__)m

足尾 松木渓谷 その19

2009-12-18
写真
大きな岩が地面に突き刺さるよう立っています、元から有ったというより落ちて来たと思われます。
DSC05650.jpg

続きを読む

足尾 松木渓谷 その18

2009-12-17
写真
枯れた滝のようです、対岸の奥ですので良く見えませんが。
クライミングの準備と気合が無いと登れそうにないようです、よって遠くから眺めるだけです。
DSC05630.jpg

続きを読む

足尾 松木渓谷 その17

2009-12-16
写真
久し振りに本気で腹が立ちました。
小沢
一郎がいよいよ本性を表したようです、憲法をねじ曲げて恫喝するとは呆れ果ててしまいます。
国事行為でないとすると一政党の幹事長が天皇に会見を強要した事になる訳で自分は天皇を通り越して神にでもなった積りなんでしょうね。
そもそも内閣の人間では無い小沢一郎がどういう権限で物を意うのか不思議であります。

ちなみに憲法の内容を記しますが、問題の9項を読めば国事行為では無く任意の公的行為だと思いますが。


第7条 天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。

  一 憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。
  二 国会を召集すること。
  三 衆議院を解散すること。
  四 国会議員の総選挙の施行を公示すること。
  五 国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。
  六 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。
  七 栄典を授与すること。
  八 批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。
  九 外国の大使及び公使を接受すること。
  十 儀式を行ふこと。


DSC05612_20091215182657.jpg

続きを読む

足尾 松木渓谷 その16

2009-12-15
写真
独特の岩肌です、雨が降って薄暗いとちょっと不気味かもしれません。
DSC05587.jpg

続きを読む

足尾 松木渓谷 その15

2009-12-14
写真
ひとつ越えるとまた同じような光景が続きます。
山の向こうは日光の森林地帯と思われますがこの荒涼からは思い浮かびません。
DSC05563_20091213182944.jpg

続きを読む

足尾 松木渓谷 その14

2009-12-13
写真
カードレールがはっきりと残っています、この先にも続いていますがズタズタ状態でした。
古いのは間違いないですが大昔と言う感じではありませんので以前は車が走れたんでしょう。
DSC05512.jpg

続きを読む

足尾 松木渓谷 その14

2009-12-12
写真
枯れているのかいないのか林が少し残っています、機会があれば行ってみたいと思います。
DSC05484.jpg

続きを読む

足尾 松木渓谷 その13

2009-12-11
写真
崩れたルートをよじ登りながら崖の上を見上げるとヤバそうです。
DSC05470.jpg

続きを読む

足尾 松木渓谷 その12

2009-12-10
写真
いよいよ道が怪しくなってきました。
この先にガードレールの残骸がありますので以前は車道だったようですが崩れた土砂が風化して山の道のようです。
DSC05462.jpg

続きを読む

足尾 松木渓谷 その11

2009-12-09
写真
この手前の広場までが松木村落跡でこれを過ぎ、第2ゲートを越えると遊歩道から登山道に変わるようです。
これよりすべて自己責任において立ち入ることになります。
DSC05428_20091207203652.jpg

続きを読む

足尾 松木渓谷 その10

2009-12-08
写真
この辺りから奥が廃村旧松木村と言うようですが祠以外の跡は見掛けませんでした。
DSC05393_20091207201958.jpg

続きを読む

軽井沢 旧三笠ホテル アルバム 

2009-12-07
写真
アルバム 兼 スライドショー 作成したのを忘れていました。
お暇な方はどうぞ。

http://album.pentax.jp/165682262/albums/177945/

足尾 松木渓谷 その9

2009-12-07
写真
砂の山を横から見ますと結構な傾斜です、お隣の斜面と土質が明らかに違いますが何なのでしょうか。
この辺りはまた別の雰囲気の広場だったような感じです。
このくらいなら登って行けそうです向こう側は半月付近か、果たして眺めは、ひょっとすると次回に登ってみるか(^。^)
DSC05378.jpg

続きを読む

グーグルの日本語入力ベータ版が

2009-12-06
写真
リリースされたので早速テスト使用中。
まだキーボートの認識がおかしいようだ、他にもあるがそれはそれとして。
お金を出してATOKを入れる程ではないがそれなりに入力する機会が多い人は絶対に効率的になりますよ。
これは本当に素晴らしい、安定したらMS-IMEは99%使わなくなるだろう、残りの1%は手書きパッドか(^。^)
外字はどうなるのかまだテストしていなかったか(^_^;)
正式リリースされたら早く導入して慣れた方がお得だと思います。
DSC06613_20091205205515.jpg

足尾 松木渓谷 その8

2009-12-06
写真
左右の山との間隔もまだ広いですが上流に向かうにつれどんどん狭くなってきます。
まだこの辺は普通の道です。
DSC05363.jpg

続きを読む

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © saihokusibu All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。