Leoの花の写真

身近な花の写真 風景の写真

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足尾 松木渓谷 その2

2009-11-30
写真
昔は紅葉の名所と言うことになっていたようですが、あまり紅葉というイメージはないようです。
崖の下が入り口からの道です、削ったのか削れたのか判りませんが相当に急峻です。
上の方は崩れ防止の工事でしょぅか。
DSC05273.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

2009紅葉 新宿御苑

2009-11-29
写真
臭い写真で恐縮ですが...

体調が今ひとつが続いて不貞寝と決め込んでいたらなんと快晴でしたのでそそと準備をして出掛けましたが日曜だというのになんでこんなに電車が混んでいるのかと腹がたつやら。

午前中だけ行って来ました、都内全般広葉樹はすっかり落葉が始まって来週は冬支度になっていそう。
銀杏もそろそろピークも過ぎようかの気配でモミジの早いものは撮影対象にならなくなりつつ。
水仙も咲き出して10月桜はまだまだ頑張っておりました、バラはもう終りつつありました。
大混雑と思ったら意外と空いておりました。
DSC06598_20091129213431.jpg

続きを読む

足尾 松木渓谷

2009-11-29
写真
親水公園よりいよいよ松木渓谷に進入致します。
以前から気になっていました松木渓谷の奥深くへ向かうべく、MTBを積んで遥々やって参りました。
ゲートがあり工事関係者以外の車両は入る事ができません、徒歩では全然構わないのですが一応確認しましたが軽車両たる自転車は黙認らしい、あまり厳密にすると関係者の関係者が仕事外で立ち入って居るのが追求される恐れもありますって、一体どうなっているのかと怒りたくもなったりします。

奥日光のスカイラインも時間外にやっているんですねインチキを見てしまいましたが、こういう小悪を公僕の大人たちがやっていると最後には国家の治安が悪くなって来るのですね。
国立公園の自然保護だのマナーだモラルだと言っても私はもう信用しませんよ(^。^)
DSC05267.jpg

続きを読む

わたらせ渓谷鉄道 間藤駅 ドンヅマリの先

2009-11-28
写真
道路を進むと線路跡との交差地点の名残りが...

正式には、わたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線の終点の足尾本山駅へ向かう線路だった、そうで。
完全に廃線で復活する予定は全くないでしょう。
DSC05261.jpg

続きを読む

ハッチ君が亡くなりました

2009-11-27
写真
須坂市動物園のハッチ君が25日に亡くなったそうです。

ご冥福をお祈りいたします。

元気そうでしたが無理して頑張っていたようです。
http://mytown.asahi.com/nagano/news.php?k_id=21000000911270001

2009年10月2日のハッチ君です。
DSC04220_20091127194432.jpg

わたらせ渓谷鉄道 間藤駅 ドンヅマリ

2009-11-27
写真
終点 間藤駅はシャレた感じで面白みもないので今回はパスして、ドンヅマリの先がどうなっているか探ってみました。
DSC05256.jpg

続きを読む

わたらせ渓谷鉄道 足尾駅~

2009-11-26
写真
郵政公社のカレンダーになりそうな足尾駅。

追伸 水沼駅が11月の写真になっています。
DSC05249.jpg

続きを読む

わたらせ渓谷鉄道 通洞駅

2009-11-25
写真
線路の脇を歩く通路があります、おおらかですね。
DSC05240.jpg

続きを読む

足尾-8

2009-11-25
写真
DSC05237-2.jpg

軽井沢 竜返しの滝

2009-11-24
写真
入り口駐車場からのんびり15分くらいでしょぅか、比較的整備されていますので普通に行けます。
それなりに準備すれば流れは浅いので滝壺まで行けない事はなさそうです。
空いていると言うよりも誰も居ません、滝としては個人的にには規模も佇まいもそれなりですのでついでに寄ってみるくらいの感じでですね。
DSC04255.jpg

続きを読む

足尾-7 

2009-11-23
写真
FC2が呆れる位遅い、と言うより繋がらない。
う~ん、ちょっと酷すぎるような。
それにしても寒い(ーー;)
DSC05236-2.jpg

軽井沢 竜返しの滝へ向かう

2009-11-22
写真
白糸の滝を後にして竜返しの滝へ向かいます。
滝入り口のバス亭から遊歩道を進みます、カラマツが色付きかかっていい感じです。
それにしても静かです、結局最後まで人には出会いません。
DSC04251_20091120195907.jpg

続きを読む

足尾-6

2009-11-21
写真
DSC05234.jpg

軽井沢 白糸の滝 その2

2009-11-20
写真
竜頭の滝ほどではもないにしろ狭い所ですので誰が撮っても似たようなものかと、それがとても悩ましい。
DSC04240_20091117202410.jpg

続きを読む

足尾-5

2009-11-19
写真
DSC05233-2.jpg

軽井沢 白糸の滝

2009-11-18
写真
あいにくの小雨の中、傘を差しながら。
団体さんが観光バスで押し寄せて...恐るべし(ーー;)
DSC04234_20091117201833.jpg

続きを読む

足尾-4

2009-11-17
写真
DSC05230.jpg

北軽井沢 鶏牧場

2009-11-17
写真
北軽井沢から草津へ向かった道路沿い右側にあります。
暖かい時期の晴れの日は沢山居ます、お天気が悪いと小屋から出てきません。
DSC04230.jpg

続きを読む

足尾-3

2009-11-16
写真
DSC05229-2.jpg

万座温泉 空吹

2009-11-15
写真
万座温泉の一番のランドマークらしいです。
温泉の噴出しで空吹だそうでなんと読むのか不明です、空にモクモクと蒸気が噴出しているからでしょうか。
湯元は別にホテル街を登った奥のほうにあります。
他に観光客が喜びそうな所はなさそうです。
標高が有って温泉が素晴らしくて自然が一杯、と言うのがなによりでございます。
DSC04185.jpg

続きを読む

足尾-2

2009-11-14
写真
DSC05228-2.jpg

取り敢えず復旧しました。

2009-11-13
写真
細かい整合性を取るのがちょっと時間が掛かりそうですがなんとかなりそう。

最近のFC2はヤケに遅くなったような気がするが。
DSC06011_20091113201425.jpg

パソコン使用不能中

2009-11-13
写真
パソコンが壊れた、と言うよりXPがぶっ飛びましたので動きません。
回復を試みましたがしっかり無視されました。
フォーマットから再インストールしてバックアップから戻しますので明日には動くと見込みです。

バラの編集中の物がお釈迦です(ToT)

奥日光 裏男体林道

2009-11-13
写真
林道のドン詰まり手前です、この先でお終いと思いますが行った事がないので判りませんが何処にも抜けられないのは確実です。
普通の林道です、狭いですが普通に走れます。
光徳からの入り口付近が相当エグイですので判らないと諦めてお帰りでしょうか。
DSC04756.jpg

続きを読む

奥日光 男体山 志津口2合目

2009-11-12
写真
こちらが今回の2番目の目的地と言うことで、以前から目を付けていた2合目の上に登って来ました。
時期的には少し早くて時間的にはもっと早い方が宜しいような、と言うことが判ってきました。
日が昇って斜光線が差し始まった頃がベストのようで。
そこそこのお天気に見えますが霧がどっぷり流れてきて瞬間に薄日が差す程度で何れにしてもこれでは如何ともし難いですのでまた次回です。
男体山はこれより上は曇り中で登った人はご苦労さまで、暫く様子をみましたが断念して下山することに。
DSC04744.jpg

続きを読む

足尾-1 

2009-11-11
写真
鉱山の歴史を閉じて久しく、鉱毒のイメージが残る遺跡と呼ばれる街を歩いてみる。
あえて過去の話は考えずに目の前のあるがままを写しこむ。
これから何度か来る事になると思うが何が心に残るか、不明である。
DSC05227-2.jpg

万座温泉に降りる道すがら

2009-11-11
写真
地球は丸かった、変な写りかな。
DSC04176.jpg

続きを読む

奥日光 涸沼を望む 

2009-11-10
写真
今回の奥日光の一番の目的地を望みます。
これから急坂で有名な坂を下まで降りていきます、見るからに急そうですね。
帰りはまたここを登ってきますので果たしてどんな道やら...
正面から右手の道を進むと、切込湖・刈込湖経由で湯元に至ります、それほどエグイ道では無く森閑とした風情で知る人ぞ知る人気の道です、きつくはないと言ってもそれなりの道ですし距離もありますので混雑することはまずないでしょう。

この後かなりの枚数を撮りました、予想以上に良い所で後日また整理した物をアップしたいと思いますのであしからず。
DSC04655.jpg

日光 明治の館 その2

2009-11-10
写真
反対側の裏手に回ってみますと見事な紅葉でした、いい佇まいです。
DSC06459.jpg

続きを読む

奥日光 山王峠付近 その3

2009-11-09
写真
山王峠を過ぎて少し下った付近でこの下の方は色付いていない風情で閉鎖林道がありましたので少し歩いて入って見ました。
山王帽子山の北斜面だと思われます。
この後は峠に戻っていよいよ一番の目的地に向かいます。
DSC04650.jpg

続きを読む

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © saihokusibu All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。