Leoの花の写真

身近な花の写真 風景の写真

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白馬 青鬼集落保存地区 その5

2009-09-30
写真
独特な家屋と田圃が無ければどこにでもある農村風景かな、もう故郷が無くなった人間からしてみると貴重な原風景なんですね。
来年は飯山の阿弥陀堂周辺をのんびり歩いてと思っております。
DSC02879_20090926203104.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

白馬 青鬼集落保存地区 その4

2009-09-29
写真
畦道に入るのはご法度ですが、歩いてみたい衝動がふつふつと湧いてきます。
自分なら大丈夫ですが皆が歩いたら崩れるだろうと堪える。
ここに彼岸花が並んで咲いていたら涙が出そうになる光景ですが残念ながら1本も見掛けません。
DSC02869.jpg

続きを読む

まったりとお散歩

2009-09-28
写真
お天気が良いのでチャリで見沼代用水風致保存地区を散歩。
本当は彼岸花の偵察兼撮影のつもりでしたが今年は豊作か沢山咲いていると逆に撮る気も薄れてあまり撮っていなかった(^_^;)

そんなかんだで道すがらのコスモス畑をバツクに秋向日葵をと贅沢な1枚。2枚。
なんとなく柔らかく写ったので●●日和風に軽く弄ってみました、これにノイズを載せてレンズボカシフィルターを掛ければ一丁上がりかな。

最近雑誌に影響を受けたのか柔らかいほのぼのマッタリ写真をご希望の方、特に若い女性のが多いようです。
勘違いさせる記事構成なのか説明が適当なのか、どう転んでもトイデジではこのようにはならんと思うのだが、ゆるい写真は後からではどうにもならんが逆にフルサイズできっちり撮ってしかるべくレタッチしているようにも思えるし、良く見ていないので断言できないがなんだかなと一言。
1枚30秒ほどのレタッチでいい加減かつ縮小時に鮮鋭化されてしまい雰囲気が変わってしまった(^_^;)
クリツクすると少し大きくなります。
DSC03908.jpg
DSC03909.jpg
ちなみにこの付近の彼岸花は、もう終わってしまったと思った方が宜しいかも。
今年は早いですね。

白馬 青鬼集落保存地区 その3

2009-09-28
写真
マップを見ると広いのかなと思いましたがそんなに大きな集落ではありません、戸数も少ないようです。
足早に見て歩くとただの過疎の田舎に見えるかもしれませんがのんびり浸って歩くと本当に良い所です。
DSC02860.jpg

続きを読む

白馬 青鬼集落保存地区 その2

2009-09-27
写真
こちらも定番の1枚。
棚田100選だそうですがそれほど棚田と言う感じはしません、でもとても良い雰囲気です。
人が居ないというのは本当に良い事だ(^。^)
夕陽はどうだろうかと期待はありましたが少なくてもこの時期の夕陽は絵にならないと思われます。
DSC02855.jpg

続きを読む

八方尾根の夜明け

2009-09-26
写真
八方尾根の黒菱林道の終点駐車場、車中泊にて2日目の朝を迎えました、昨日は目一杯動き回りましたのでしっかりと爆睡して気が付くと回りに車が増えておりました。
一通り朝の撮影を終えてお湯を沸かしてスープとコーヒーを作ります、安いパンの朝食ですが心はとてもリッチであります。
貧乏生活も工夫次第で幸せになれます(^。^)
綺麗な水洗トイレが有るのはありがたいです、水も確保できます、これで無料ですから助かります。
冷たい水で顔を洗うとダレた心がビシッと引き締まりますね。
R1072185.jpg

続きを読む

白馬 青鬼集落保存地区

2009-09-26
写真
有名な割にはどんな所か判るような纏まった写真があまりないようです。
さらっと流すか迷いましたが撮ったままの多目の写真を長々とアップする事にしました。

車でないと遠いのでそれほど人は来ないようです。
集落から少し入った所に駐車場にあります。
ここに止めて絶対に車で中に入らないで下さいと注意書きがあります、守られなければ立ち入りが制限されてしまう可能もありますので厳守をお願いします。
それでもひとり入り込んで来る馬鹿がいたようです、せっかく来たんだから歩かなくては勿体無いと思うのだが。
ちなみに協力金500円の箱があります、集落内を歩くと判りますが某観光地のようにボッタクリではないので協力してあげてください。

途中の道が土砂崩れで工事通行止めです、確認しましたが土日は終日通れますが平日は微妙です、白馬村のHPで状況を確認した方が無難です。

さて駐車場からの定番の1枚から始まります、一応全部見て回ったつもりです。
_ICT1648.jpg

続きを読む

白馬 青鬼地区への道すがら

2009-09-25
写真
今日か明日かと予定ははっきり決めていなかったのだが、お天気も良い事だし撮れる時に撮っておく教訓に従い青鬼地区に行く事に。
公園の上から川沿いの状況を偵察してみると道はあるようだと決め付けてみた。
_ICT1646.jpg

続きを読む

白馬 大出公園付近 

2009-09-24
写真
公園と言われていても公園の部分は意外と狭く川と吊り橋と近くの茅葺の家屋があるだけ。
DSC02835.jpg

続きを読む

白馬 大出の吊り橋

2009-09-23
写真
定番の1枚、この辺りと河原に下りてもう1枚でしょうか。
DSC02819.jpg

続きを読む

白馬 大出公園

2009-09-22
写真
鬼無里からの道を白沢峠を降りていくと白馬地区の入り口の所にある公園です、この辺に有ると判っていれば見過ごす人はまずないでしょう。
道沿いの駐車場は小さいのでグルッと回りこんで少し離れた所に止めます。
この駐車場は知られていないのか私しめの専用P状態でした。
裏から入るようになりますので吊り橋までは殆ど人がいません。
DSC02807.jpg

続きを読む

戸隠から白馬へ向かう道すがら

2009-09-21
写真
鬼無里経由で白馬に向かう道から寄り道してバードラインの蕎麦畑に、知る人ぞ知るところなんですが...
看板が有るのか無いのか見落としたか、探し回って結局道から少し入った所に駐車場が。
ほんの少し登って景色が広がると、ななんと何もない(T_T)

蕎麦畑が広がり晴れていればさぞかしの風景なれどこれには唖然、言葉もない。
こうなるとどうと言うこともないただの畑でゴジャル(ーー;)
ちなみにこれだけの所であります。
DSC02797_20090920063156.jpg

続きを読む

戸隠神社 中社

2009-09-20
写真
土曜日とあって有名所は流石に人が多いです。
少し空いていた駐車場も帰る頃には一杯、ある種の有料の所はガラガラですのでキャパはあるようです。
恐れ多い事ですが神社好きの私としてもこの神社個人的にはそそるものがありません、結局観光地として通り縋ったのみでした。
理由も良く判りません、何がなんでも奥社の方に行けば良かったかと後悔しました。
DSC02786.jpg

続きを読む

戸隠 小鳥ケ池

2009-09-19
写真
中社の駐車場に車を置いて歩ってみました。
それほど歩く訳でもないのに全くもって人が居ません、全然いません。
鏡池までの遊歩道や1週コースもあるようです、右手が湿生地として整備されています。
DSC02769_20090917201833.jpg

続きを読む

戸隠 鏡池 その2

2009-09-18
写真
ポツンと1本枯れ木が、たんにドアップと、能がない1枚でした(^_^;)
_ICT1639.jpg

続きを読む

戸隠 鏡池

2009-09-17
写真
妙高から近道をしたと思ったら遠回りだったようだ、快適な田舎道なので時間も掛からず奥社入り口を通過。
駐車場は一杯だ、探せば何処か空いているだろうがテクテクとそこそこ歩くかなくてはならない。
歩くのは全然構わないのだが時間が足りなくなりそうだ。

西側から回り込む予定だったが鏡池入り口の標識で右折してドンドン下ると小さな駐車場に。
手前に止めればすぐにこの光景が。
いや~イメージがこんなに違うのかと暫し唖然、紅葉+快晴+無風の条件が完璧に揃わないと...
こりゃ詐欺だ、ただの溜め池だ(T_T)
DSC02755_20090915191408.jpg

続きを読む

草津のパトロール犬

2009-09-16
写真
ネットPCがやってきた。
EPSON Na01 miniなるものが我が家に送られてきた。
某超大手通信会社の某ネットワークサービス&機器のテストをやらなければならなくなった。
自宅やらマックやらひょっとすると都内をこんなものを持って連休はウロウロするのか。

厳密には仕事と言う訳でもないので手抜きレポートでも良いのだが只同然で機器一式を頂けて謝礼(寸志だが)まで頂けるだから真面目にやらねば申し訳ない(^_^;)

無線LANのアクセスポイントと言うのは有るようで意外と無いものだと判った、私の行動範囲では申し訳ない程度しかない、しかも有効範囲が異様に小さい。
これではビジネスモデルとして成り立つのか甚だ疑問である。
この手のものは関心がなかったのでこれはオモチャかと思ったら結構まともなものらしい。
しかし使い道がないので旅行時のフォトストレージ・チェック用とは勿体無いか。
R1072294.jpg

妙高高原 杉野沢の棚田

2009-09-16
写真
道すがら視界の片隅に見えたのでバックして暫し眺めます。
棚田と言うほどの規模でもないですが綺麗な水田広がります、なぜか牧場のような屋がそそります。
DSC02747_20090914204534.jpg

続きを読む

苗名滝から杉野沢へ

2009-09-15
写真
川沿いの斜面に群生が、何の花かまでは判りません
DSC02742.jpg

続きを読む

新潟県妙高市 苗名滝 その2

2009-09-14
写真
滝壺が見えました、濁っている滝はあまり見たことがありません(^_^;)
高さが35メートルとそこそこ有るのですが幅が広いので低く見えてしまいます。
右手の東屋から近ずけそうなのですがこの辺の岩は滑りやすいのでかなり厳しい。
DSC02725.jpg

続きを読む

新潟県妙高市 苗名滝

2009-09-13
写真
長野県との県境、関川にかかる落差55mの苗名(なえな)滝、地震滝とも呼ばれるそうな。
妙高高原杉野沢スキー場の民宿街の中を奥に進みます。
標識はしっかり沢山あります、駐車場も広いです滝まで普通の靴で歩いていけます10分強くらいでしょうか。
水量が少ないのか地震滝と言われる程には音はしないようです、水飛沫もそれほどでもなかったですが
水量が多いと凄いらしいです。
DSC02709_20090912195002.jpg

続きを読む

野反湖の山野草 その3

2009-09-12
写真
ツリガネニンジン...たぶん別の名前があるのでしょうか区別もつきませんので(^_^;)
今頃は沢山咲いていますが撮るにはとっても難しいですねこの花。
_ICT1695.jpg

続きを読む

野反湖の山野草 その2

2009-09-11
写真
久し振りαSWDにタムロンの90で撮ってみました。
純野生種で道端で撮っていますのでバックをどう処理するか、結構時間を掛けました。
_ICT1685.jpg

続きを読む

野反湖の山野草

2009-09-10
写真
例年こちらを訪れるのは7月ですがこの時期にまだヤマオダマキが咲いているとは驚きました。
蕾が沢山ありましたので暫く咲き続けるようです。
名物のキスゲやコマクサは痕跡すらないのであります。
霧の野反湖がひょっとして見れるかと思って来てみました中途半端な曇り空で如何ともし難い。
スカッと晴れたらそれも素晴らしいのですが残念でした(T_T)
_ICT1656.jpg

続きを読む

奥草津休暇村 チャツボミコケ その7

2009-09-09
写真
チャツボミコケもこれにて終了。
10月にまた来る予定ですが紅葉がこちらまで降りて来ているか。
土砂崩れには参りましたが道自体はそこそこ良い道で山里の農村風景もまたいいですよ。

望遠に変更してのアップですが日が出ていないので立体感が無いですね。
DSC03512.jpg

続きを読む

奥草津休暇村 チャツボミコケ その6

2009-09-08
写真
コンデジが壊れて、さてどうしようかと。
またコンデジを買っても不満タラタラになりそうだし。
G11も良さそうだがなんとなくも中途半端な良い値段。
無理してE-P1も良いかなと思ったが購入後のレポートではどうもAFの精度がいまひとつの意見が多いようだ。
当初のシャープ差が足りないから精度が甘いと変わってきたのもなんとなく納得したようなしないような。
プロの作例とユーザーの作例に差が有るのはいつもの事だがチョット差が有り過ぎるとは思っていたがやっぱりかと、もう少し値段がこなれる頃には対策も出来ているかと思っているが、待っていたら次の機種が見えてきたりして、また待ってみようかになりそう。
DSC03496.jpg

続きを読む

奥草津休暇村 チャツボミコケ その5

2009-09-07
写真
コケがと言うよりこの佇まいが素晴らしくしばし魅入っておりました。
場所も草津から少し入りますし知名度も低いせいかの人も全くおりません、私ひとりであります(^_^;)
DSC03480.jpg

続きを読む

奥草津休暇村 チャツボミコケ その4

2009-09-06
写真
コンデジがお亡くなりなった。
コタツのテーブルから床に落ちたら打ちどごろが悪かったらしい、30センチ程度の高さで落下とはとても言えない、フローリングの上にゴザを敷いているのでモロに衝撃でもないだろうに。
スイッチを入れてレンズが出てきて戻らなくなった、もともともこの手の問題を抱えているリコーのこの形式の物が我が身に大当たりとは...(ーー;)

以前のパナソニックこれでもかと何度もコンクリートに落とされても文句も言わず健在であるが、これほど差があるのだろうか。
と言うことでもうリコーの製品を買う事はないだろう。
この程度でも落下は落下なので5年保障は効かない、ビックカメラの保証には落下が含まれているらしいので確かめてみようか、保証されているなら多少の価格差は問題にならないような。
DSC03468.jpg

続きを読む

奥草津休暇村 チャツボミコケ その3

2009-09-05
写真
いくつかの小滝を見ながらのんびの登っていきます。
素直に道を歩いている限りお散歩コースです。
DSC03449.jpg

続きを読む

奥草津休暇村 チャツボミコケ その2

2009-09-04
写真
他の方の写真は見ていましたがちょっとイメージが違っていました。
もちろんとても良い意味です。
民間の管理であまり知られていないので人が来ないというのが一番なのでしょうか。
DSC03436.jpg

続きを読む

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © saihokusibu All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。