Leoの花の写真

身近な花の写真 風景の写真

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜 山手西洋館 ベーリックホール その2

2008-10-31
写真
中は暗い、そこそこ明るいレンズでも感度上げまくり、ニコンやキャノンの常用1600がとても羨ましい。
なんとなくスッキリしない絵です。
3200が躊躇なく使えるとホントに楽になるし表現方法がいろいろ変えられるのだが、撮るのだけで精一杯。
カメラの自動レンジ補正の効果はかなりあるようで殆ど補正らしきものはしなくて済んでしまいます。
全然しなくて良いとかではないですが前のカメラと比べるともの凄い差があります、これが3万円以下で買えるとはこれまた凄い事で、次に買うカメラは果たしてどこまで進んでいるのやら。
たぶん高品質の動画が簡単に撮れる...どうでもよいと思っていたがかなり魅力的と思うようになった。
それが普通になっているかもしれないきっと売れるだろうな。
DSC04913-2.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

諏訪湖は寒かった

2008-10-30
写真
お仕事でお泊りの翌朝すこし早起きしてお散歩してみました。
前夜電車から降りてビックリ、いや寒い上に季節風がビュービュー。
朝はシッカリ冷え込み手が悴んで撮りづらい。
八ヶ岳の上の方は雪が積もっているような、銀杏は黄色くなってこの辺りも来週は赤く染まりそう。
R1071602.jpg

続きを読む

横浜 山手西洋館 ベーリックホール その1

2008-10-30
写真
こちらでも結婚式を、丁度ピークの時で参列者やサポート・裏方の人がなにかと一杯で撮り難い。
邪魔にならないように気を使うのもマナーのひとつか。
DSC04906-2.jpg

続きを読む

横浜 山手西洋館 ベーリックホールへ向かう道すがら

2008-10-29
写真
地図を見ながらカトリック山手教会に、バザーかなにかやっているのか大群衆が列をなしとても撮る気にはなりません。
あきれ果ててテニス発祥記念館へ、フェリス女学園の裏手を進むと公園とテニスコートに木が一杯。
素晴らしい環境です、記念館の中のステンドグラスを撮ってみました。
DSC04898.jpg

続きを読む

横浜 山手西洋館 外交官の家 その2

2008-10-28
写真
DSC04894-2.jpg

続きを読む

那須 茶臼岳から朝日岳を望む

2008-10-28
写真
剣ヶ峰から朝日岳ずずっと奥くに三本槍岳もけぶって見えます。
この景色を見たくて結構無理して登ってきました、次回は向こう側からこちらを見る事ができたら嬉しいのでありますが。
のんびり登り過ぎたか時間も押してきましたのでこれから一気に下山に掛かります。
こちらからの下山は結構順調で、この感じだと登りもこちらからの方が楽かな。
DSC04387.jpg

続きを読む

横浜 山手西洋館 外交官の家

2008-10-27
写真
ブラフ18番館のすぐお隣に建っています、隣と言っても軒を連ねる感覚ではないですけど、イタリア山庭園の広い敷地内であります。
セツセと坂を登ってきたお蔭で広い前庭からのビル群の展望はなかなかであります。
外から見るとそれほど大きい建物には見えませんが中に入るとかなり広いです
DSC04867-2.jpg

続きを読む

茶臼岳に登る

2008-10-27
写真
ロープウェイの山頂駅手前で左手の登山道を登ります、傾斜はそこそこですが砂地に小石が混じったようなとても滑りやすく同じ登るにしてもとても疲れます、たいした距離ではないのでゆっくりのんびり登りますが一眼を出して撮る余裕はありません、途中で中休止した時にこの1枚、後は降りるまでコンデジしかありませんのでまた後日。
DSC04371.jpg

続きを読む

横浜 山手西洋館 ブラフ18番館

2008-10-26
写真
横浜山手西洋館巡りをしてきました、メインは市で管理している7館ですがその他の建物も幾つか混じります。
晴れの予報でしたがすっかり裏切られいつ降りだしてもおかしくないドンヨリとしたお天気でパットしない写りですが目で見るにはなかなか素晴らしい所です、なにより良いのは基本的に無料ですが管理がとても行き届いていて綺麗です。
JR石川町駅からエッチラと真夏なら大汗をかくだろう坂を登ると右手に入り口が。
何処も9時半開門ですので館によっては早く行ってもアプローチすらできません、たぶん。
DSC04851.jpg

続きを読む

2008-10-26
写真
南斜面を進むと今までとは違った光景にかわってきます、ちょっと下まで行ってみたい誘惑が。
特に禁止ではないようですがまだ先がありますのでそのまま進みます。
ロープウェイが動き出すと向こう側からドンドン人が来て歩き難くなります、道も滑りやすいです。
お気軽な格好の方が多く服装もかなり変わります、天候が悪化したら震え上がって退散するしかないか。
DSC04357.jpg

続きを読む

那須 牛ヶ首から南斜面を進む

2008-10-25
写真
姥ヶ平もこれで暫く見納めか、これからロープウェイ山頂駅方面へ向かいます。
DSC04334.jpg

続きを読む

草津 志賀方面を望む

2008-10-24
写真
止める予定の所に先客が...
少し先に進むともっと良い所が、夕日待ちでのんびりくつろぐには絶好かな。
支度をして弓池へ戻ります。
DSC03849.jpg

続きを読む

那須 牛ケ首に降りる

2008-10-23
写真
復旧したかな、障害情報には無いようです。

左が姥ヶ平、右が茶臼岳南斜面と言う事になります、去年の姥ヶ平が素晴らし過ぎたので今年はイマイチが実感です。
写真だと微妙な所が判り難いと思いますが南斜面の方が個人的にははかなり綺麗と思います。
_ICT1232.jpg

続きを読む

画像のアップ障害のようです。

2008-10-23
写真
詳細は不明ですが、どうも画像ファイル名の重複ではなく画像の入っているフォルダー名の重複をチェックしているようです....凄いバグだな。
つまり1フォルダーから1枚しか画像がアップできません、また接続を切っても電源を落としてもそのフォルダー名はもう使えないようですので事実上、こりゃダメですな。
そろそろお引越しも考えなくてはならないかな(T_T)/~~~

テスト用の消していなかったボツ写真、爽やか感が全然出ていませんね。
DSC03190.jpg

那須 南月山から降りる

2008-10-22
写真
牛ケ首に一旦戻ります、半ば降りた所で振り返ると南月山と白笹山が並んで見えます。
DSC04314.jpg

続きを読む

那須 南月山から周辺を眺める  その3

2008-10-21
写真
今回はこの風景を撮りたくてエッチラ登ってきました、広角に不慣れなのでパンフォーカスは簡単と思ったら大間違いのようです。
35ミリのコンデジの方がそういう意味では撮り易いのかもしれません、三脚を担いでこまで来るのも大変だしなにより行動が制限されるのが嫌だし。
来年は茶臼岳の反対側の方に行く予定ですのでまた考えましょうか。
DSC04277.jpg

続きを読む

紅葉の庚申七滝を目指す その2

2008-10-21
写真
いや~清々しい新緑ですね、って違うだろ(ーー;)
DSC04671.jpg
丁度今週末が見頃でしょうか、庚申山登山口の駐車場からのんびり歩いて1時間チョット。
舗装された林道歩きで良い運動になる坂道をエッチラ登ります。
七滝は遊覧道の橋がコテンパンに崩れて美味しい所は全然見えません。
標識くらい立てれば良いのに<`ヘ´>

続きを読む

紅葉の庚申七滝を目指す

2008-10-20
写真
庚申山の紅葉が身頃との事で七滝を見に行ってみたが....
騙された、手前の草木湖・富弘美術館の状況からひょっとしてと思ったが下は当然だがずって上を眺めてみてもさっぱりだしエッチラ登ってやっと気持ち程度だった。
赤い紅葉も沢山見たのでまぁ良いのだが肝心の滝が...
悲惨な一日だった(T_T)

と云う事で『滝』の写真はありません(^_^;)
DSC04663.jpg

続きを読む

那須 南月山から周辺を眺める  その2

2008-10-20
写真
南月山の頂上で荷物を下ろしてブランチを食べてのんびりと周囲を見回す。
白笹山も笹だらけと思っていたらけっこう紅葉するのですね、随分と近いような感じですか滑るので前回向こうから来た時にはとても遠く感じた。
もうこりごりだなあの山は、ルートとしては混雑知らずで良いのだがもう少し整備してもらわねばもう行く気にはとてもならない。
_ICT1218.jpg

続きを読む

佃大橋を渡る

2008-10-19
写真
有楽町線月島駅から佃大橋を渡ってみました、上流を見ながらせっせと渡りますがごく普通の都会の橋でした。
DSC04540.jpg

続きを読む

那須 南月山から周辺を眺める

2008-10-19
写真
上の方の白い道筋が見えますでしょうか、牛ヶ首とロープウェイ山頂駅間の遊歩道です。
平に見えます、思ったよりアップダウンがありました。
この辺りからは一望とはいきませんが少し移動すれば周囲の景色は良く見えます。
_ICT1204.jpg

続きを読む

那須 南月山へ

2008-10-18
写真
日の出平南斜面のダケカンバ、結構好きなんですこの光景。
_ICT1200.jpg

続きを読む

芳ヶ平ツアーガイド その8

2008-10-18
写真
芳ヶ平の紅葉コンデジ編は今回でお終いです。
グルっと回ってきて、ここから渋峠へ登るルート、前回歩いた常布の滝経由で草津温泉に降りるルート、来た道を白根火山口まで戻るルートが主ですが、ヒュッテ前からキャンプ場へ回りお昼寝も良し、さらに東方の野反湖の方に行くルートを命懸けで目指すのも良し、良くないか(^_^;)
帰り道はダラダラ登りで暑いので少し参った。

一般観光客が行かない穴場も沢山撮りましたのでボチボチとアップしていきます、あまりというかまず見ない光景も沢山ありますのでお楽しみに。
R1071207.jpg

続きを読む

那須 日の出平に登る

2008-10-17
写真
エッチラ登ります、ちょっと急な所がありますが慎重に登ればたいした事はありません。
三脚は邪魔かな。
DSC04263.jpg

続きを読む

芳ヶ平ツアーガイド その7

2008-10-17
写真
R1071196.jpg

続きを読む

那須 日の出平に登る途中から

2008-10-16
写真
彼方に雲海が...
_ICT1187.jpg

続きを読む

那須 峰の茶屋から牛ケ首に向かう

2008-10-15
写真
気温が高く風も弱いので歩くには快適です、しかし遠方の靄がお邪魔ですね。
茶臼岳の北側中腹を進みます、視界は開け絶景が続きます、初めて見た時は絶句しました。
DSC04253.jpg

続きを読む

芳ヶ平ツアーガイド その6

2008-10-15
写真
芳ケ平ヒュッテに到着しました、宿泊・食事・トイレが利用できるようです。
ある意味周りにはなんにもありませんので何日か泊まってのんびりするには良いですね。
R1071180.jpg

続きを読む

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © saihokusibu All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。