Leoの花の写真

身近な花の写真 風景の写真

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煙の木

2008-06-30
写真
これでは何なのか判り難いですね、引いて撮るとモヤッとした感じが判るのですが。
何枚かは撮って見たのですがあまりパットしないのでボツ、いや~難しい(^_^;)
DSC00894.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

ただ綺麗なだけと その3

2008-06-30
写真
花には光が良く似合う、どうという写真でもないがこれはズット残されるだろう。
こういう光と色を見つける為に、またブラブラ歩き続ける。
梅雨はまだまだ、たまに晴れると蒸し暑いけれど(^_^;)
DSC00847.jpg

続きを読む

隠れた所に

2008-06-29
写真
ひっそりと隠れていたつもりが日を浴びて輝いていた。
これはいったい何だろう?
花のうちなら調べようもあるのだが、如何ともし難い。
見ようによっては妖しい美しさが妙に気に掛かる...
DSC00853.jpg

続きを読む

ただ綺麗なだけと その2

2008-06-29
写真
ちょっとした構図の違いでイメージが残らない。
沢山撮ればなんとかなるだろう、と結果として異論はないのだが。
なんとも情けない...
DSC00838.jpg

続きを読む

行田 古代蓮 へ行って来た  速報

2008-06-28
写真
画像を整理していたら、去年はもう咲いていた。
確認してみたら少し遅れているようだが咲いていたので本日行って来た。
朝も早よから物好きがもう湧いていた、前庭は人が気になるが遠慮していては撮れない。
全般2分咲き程度か、あと2週間は大丈夫だろうからまた行くかもしれない。

http://www.ikiiki-zaidan.or.jp/kodaihasu/  ←今年も気合が入っているな(^。^)

蓮-水彩額

あけぼの山農業公園の隣 布施弁天 東海寺 コンデジ編-2

2008-06-28
写真
新しめですが気持ち朱が薄いような気がします、もう少し濃い目が好きなんですが。
この色が流行りなんでしょうか。
RIMG0023.jpg

続きを読む

ただ綺麗なだけと

2008-06-27
写真
言ってしまっては身も蓋もないですが、日の丸写真がどんどん蓄積されていく。
いつか日の目を見る日が来るのだろうか。
DSC00832.jpg

続きを読む

あけぼの山農業公園の隣 布施弁天 東海寺 コンデジ編

2008-06-27
写真
公園の敷地内と言っても良いほどすぐお隣です。
この隣に日本庭園があります、他にもいろいろとあるようですが詳しくは『あけぼの山農業公園』でググってみてください。

この手のものをお好きでない方もいらっしゃいますが、私的には結構感動してしまいます。
奈良や京都にはなかなか行けませんのでなおさらです。
RIMG0017.jpg

続きを読む

青空を見上げて

2008-06-26
写真
お蔵入りの予定でしたが天気が悪い時にこそとアップする事に、ご近所の空を見上げて。

リコーのGX100の後継が発表になりましたね、あれほどの不評にも改善できないレンズキャップも窮余の策でおかしなカバーをオプションで出しましたようで、ちょっと恥ずかしいなアレは。

それとなんで画素数を増やすのかな、画素を増やしてもノイズは変わりませんて言うのなら画素数を変えずにノイズを減らしましたの方が余程嬉しいと思うのだが。
DSC00776.jpg

続きを読む

野菊と言っても

2008-06-26
写真
いろいろあるようで、これはノースポールかマーガレットか見比べた事がないので判りません。
裏見の滝へ向かう途中でチラッと見ていたので帰りに寄って見ましたが向こうの道のさらに奥に大群生発見。
日が当たるとピカピカ光って綺麗です。
余所見をすると危ないが前ばかり見て飛ばしているとこれは絶対見つからない、知らない所は一杯あるんですね。

日光植物園に寄るつもりが毎度非常に判り難い入り口でまたまた通り越してしまい戻るのも大儀なので帰る事に。
予定していたものがズッコケましたがそれはそれで別の収穫が、あれもこれも欲張っても自然相手では是非もなし、長く充実した一日でしたと言ってもまだ結構早い時間でして、早出早帰りが楽でよい(^。^)

日光IC経由だと結構時間が掛かりますね、ひょっとして清滝から乗っても料金は同じ?
セコイ話だがもう1つ先なら安いのかも、良く判りませんが。
DSC01224.jpg

続きを読む

千葉県柏市 あけぼの山農業公園 コンデジ編

2008-06-26
写真
多くの写真を見てとてもいい雰囲気で気になっていました、それほど遠くないのですが千葉県はどうも遠いイメージでした。
朝は最短距離でしたので意外と早かったですが帰りのR16経由だと混んでいないのに何故か時間が掛かりますね。
最初に車で周囲を回りましたが、ちょっとズッコケました。
写真は怖いですね、こんな感じですと広々とした花園に見えますね~(^_^;)
RIMG0012.jpg

続きを読む

どうでもよい事だが(ーー;)

2008-06-25
写真
塩分制限中の身ながら
こちらは寿命を削りながら食していると言うのにこんな物を創りおって責任者出ていらっしゃい<`ヘ´>

バーゲン用の安物ならいざ知らず、コクが無い・スープが薄い・全然辛くない。
おまけに麺は少ないしシコシコ感も全くない、つまりいい所がこれほど無い物も珍しい。
どういう経緯でこんな物が開発され誰が販売を許可したのが聴いてみたいものである。
R0010222.jpg

続きを読む

日光 裏見の滝 その5

2008-06-25
写真
ちょっと緑の色付がハデのようですが実際の見た目はこちらに近いです。
なぜか虫も蚊もいませんので涼しさとあいまって快適でした。
DSC01196.jpg

続きを読む

日光 裏見の滝 その4

2008-06-24
写真
滝の写真も滝だけを撮るぶんにはよいのですがこの様に枝葉を入れるとチト面倒に。
シャッター速度が遅い上に伏流風? が付き物ですので真面目に撮ると大変かもしれませんが素人の強みでエィヤーで後のお楽しみ(^。^)
DSC01184.jpg

続きを読む

花菖蒲

2008-06-23
写真
水彩額2のコピー

日光 裏見の滝 その3

2008-06-23
写真
良く見ると地中から水が染み出しているというより流れ出ているようです、結構な水量でこの地層は大量の水を含んでいるのですね。
と云う事はここで大地震にあったら...
DSC01174.jpg

続きを読む

花菖蒲を額縁に入れて落款まで

2008-06-22
写真
いまひとつの写真ですが額縁に入れると立派に見える? 
落款も専用を作ってみましたがなんとなくそれらしくするにはコツが必要ですね。
水彩額3のコピー

日光 裏見の滝 その2

2008-06-22
写真
本来ならボツなのですが、滝の写真の悪い見本。
この手の写真は口の悪い方に言わせると...
『下水の吐き出し』 だそうで、どうにも様になりませぬ。
シャッタースピードが中途半端でもっと遅いか早いかにしないといけないそうな。
言い得て妙ですね(^_^;)
DSC01166.jpg

続きを読む

Web アルバムを作ってみました。

2008-06-21
写真
下里分校の画像を手付かずでそのまんまアルバムにしてみました。
見れれば良い程度ですとそれほどでもないのですが、細かい設定をしますとバグやら仕様?がおかしいやらで調整に難航しました。
まだ不可解な点もありIEでの表示は環境によってはモノクロになるかもしれません。
正直どうなっているのやら...光なのに表示も遅いし。

こういう形でアップする事が良いのかどうかも含めて暫く試行してみます。

お暇な方は覗いて見てください。 http://leoindex.web.fc2.com/0001/index.html

simosato066.jpg

日光 裏見の滝

2008-06-21
写真
たいして道路は混んでいない筈がなんでいろは坂が渋滞するのか判りました。
大型バスがカーブで曲がりきれずに切り返しているんですね。
その度に流れが止まるとは恐れ入った次第でした。

天気が持ちそうなので前から気になっていた裏見の滝に寄る事に、それなりに国道から奥まった所にあってダラダラ登りを歩いてくる人がいましたが大変かもしれない。
駐車場は空いているし、のんびり歩くのには最適で、気温も下がって涼しいので夏は宜しいですね。
大型の滝ではないですが近くまで行って見上げることもできるし形も良いし、これは素晴らしい(^_^)
裏側から眺める事は出来ませんのであしからず。

暫くして団体さんがゾロゾロと喧しいので退散することにしたが途中の滝を眺めていたらすぐ戻ってきた。
いったい何しに来たのか、こんな輩からがいるから混むところはやたら混むんですね。
DSC01157.jpg

続きを読む

ご近所の花達 その2

2008-06-20
写真
小判草(コバンソウ)という名前だそうで珍しい趣かもしれませんが買って鑑賞するのかな~(^。^)
庭になぜか雑草の如く繁殖しておりまして値段が付く事に驚きましたが高くはないですがそこそこの値段だったりします....
バックがまっ黒ですがこれは何もしていません、直接強い光が当たっている時にコンデジでスポット測光するとよくこのようになりますが一眼だとスポットでも測光範囲が広いようでなかなか意図したようになってくれませんが評価測光でもたまにこのように写るんですね。
DSC00823.jpg

続きを読む

日光 男体山からの帰り道 その2

2008-06-20
写真
木漏れ日にピカピカ光ってなかなかですが敷地内ですので残念ですが寄れません。
DSC01148.jpg

続きを読む

ご近所の花達

2008-06-19
写真
ご近所と言っても歩いて行くには遠いですが、花卉の街 『川口』 にはいろいろと有るものです。
地元のようで知らない事がとても多い、皆そうなのだろうからとても空いている、勿体ない。
DSC00794.jpg

続きを読む

日光 男体山からの帰り道

2008-06-19
写真
午後から天気が悪くなる予報でしたが、男体山を挟んで北側はまだ晴れていますが南側は雲が押し寄せています。 
雨雲ではないのでなんとか持つだろうとは思いますが戻る事にします。
DSC01132.jpg

続きを読む

日光 男体山を途中まで登る

2008-06-18
写真
光徳の方から回りこんで男体山の裏側に向かいます。
車を止める場所がなにしろ少ないので多少不安が残る時間帯です、手前の方は一杯でしたが奥になんとか止めるスペースが。
これからは散歩道でも周遊路でもありませんので足拵えはしっかりしなければなりませぬ。
といっても今日は3合目までなので危ない所はないのですが足場が抜かるんだ川状の可能性が高いですしもう少し早いと雪がしっかり残っていたりすると悲惨です。
表側は全然無くても裏側は沢山残っているかもしれませんよ(^_^;)
前回はアイゼンが必須と思ったくらいでエライ目に逢いましたから。

2合目から少し登ると視界が広がります、目的はこの光景だったのですがいささか遅かったようで普通の森ですね、予想はしていましたが少しガッカリ(T_T)

教訓 雪がある時期にエッチラ登るしかないと諦める、朝の斜光線でないとパットしない。
が判りましたので、秋に葉が落ちた頃取りあえずまた来るか、来年の残雪覚悟か。

のんびりと車の中で昼食を取って寝っ転がる、足が伸ばせるのは本当に楽、吹き抜ける風もあまりにも心地よ過ぎて気持ちよく寝てしまいました(^。^)
カッコーやウグイスも元気に啼いておりました、極楽ですね。
DSC01123.jpg

続きを読む

レインボーブリッジを歩いて渡る コンデジ編 その2

2008-06-17
写真
終点手前で北と南を結ぶ通路がありましたので渡って見ました。
R0010151.jpg

続きを読む

日光 竜頭の滝へ 

2008-06-17
写真
大鳥居を潜って、竜頭の滝へ向かいます。
そろそろ混雑の時間帯に入りますが道路の混雑は無くスムーズと思いきや、やはり竜頭の滝の駐車場は混んでいるようでプリンス手前の臨時駐車場は面倒と滝下は諦めて上に向かうと運良く止められたけれど、人が沢山。
メインのツツジも私的には終わっているような、どうもここは相性が悪い(T_T)
DSC01113.jpg

続きを読む

華厳の滝 周囲 その3

2008-06-16
写真
華厳の滝も堪能できましたので竜頭の滝へ急ぐつもりが...
またここで時間を取られる事に、これもなんだか名前が判らない(^_^;)
DSC01098.jpg

続きを読む

堀切菖蒲園 と 小岩菖蒲園

2008-06-16
写真
明治神宮+皇居へ行こうか、堀切・小岩へ行こうかと迷っていましたが、出遅れてしまい大混雑と予測される明治神宮は次回たぶん来年かなと言うことに(^_^;)

JR日暮里から京成線に乗り換えて

堀切菖蒲園は堀切菖蒲園駅と判り易い、徒歩10分くらいで商店街を旗の案内とゾロゾロ歩いていますので迷うことはないでしょう。
庭園風で手入れされておりますが通路が狭く混雑感が強いので落ち着きません、一応三脚は可ですができれば止めておいた方が良いでしょう、駐車場は絶望的です。

小岩菖蒲園は江戸川駅すぐで堤防を登ると見渡せます、河原ですので一見殺風景ですがそばにいけば立派に管理されています。
通路は広く混雑感はなし、堂々と三脚使用は可ですので作品撮りの方は断然こちらでしょうか。
河原にデカイ無料駐車場あり止められない事はたぶんないでしょう、公認?の露店で軽食は調達可能です。

●両方ともなんと無料です(^。^)
 にも係わらずキチンと手入れされており気持ち良く撮影が出来ます、感謝。
●朝は早い方が良い、日が当たるといまひとつ元気がない、風で意外と揺れやすい。
●広角はたぶんいらない、望遠もたぶん200あれば充分、私ならマクロも不要、たぶん。
●アップで撮っても趣がそがれるので広めに撮ってどうしてもならトリミングするくらいの気持ちの方が宜しいような、花一杯のアップは結局殆どボツとあいなりました。

あまり沢山咲いているのも撮りにくいものですね、本日ちょうどピークのような。
来週はやや終わりかけの可能性もありますが蕾もまだ有り単体で撮るなら大丈夫と思われます、たぶんですが。

追伸 車で行かれるなら小岩菖蒲園へ行き撮り終わったら最小限の装備で堀切へ電車で往復と言う手もありかな(^_^)
DSC01239.jpg

続きを読む

ご近所散歩 その3

2008-06-15
写真
このように写っていますが殆どの場合とてもバックはお見せできるような所ではありません。
コンデジではもちろん厳しいですし、広角では空に抜くしかありませんが、伝家の宝刀300ミリ一杯って。
いつもそうだろうと突っ込まれそうですが良くボケてくれて助かります。
等倍マクロでもボケてくれますがスズッと寄らなければならないので全体を入れるとアラが見えてしまいます(^_^;)
DSC00755.jpg

続きを読む

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © saihokusibu All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。