Leoの花の写真

身近な花の写真 風景の写真

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高峰高原 車坂峠へ戻る

2007-07-31
写真
この後はひたすら戻ります、素晴らしいお天気と思った通りの風景で大満足でした。
登ったり降りたりは嫌なので来た道とは別の中道を下ります、景色は見えませんがのんびり歩くにはなかなか宜しいようで、しかし滑りやすく2度ほどコケそうになりました。
P1030837.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

高峰高原 車坂峠から黒班山へ その4

2007-07-30
写真
浅間山が暗くてよく判らないですが登山道の後が数本見えます。
火山活動が弱まったらば登れるようになるかもしれません。
P1030830.jpg

続きを読む

高峰高原 車坂峠から黒班山へ その3

2007-07-29
写真
取り敢えずのピークから下を覗いてみます、当然へっぴり腰の恐々ですが(^_^;)
かなり標高差があります下へのルートはいろいろ有るようですが降りる事は絶対ないと思います、落ちたら死にます。
P1030824.jpg

続きを読む

武蔵丘陵森林公園のマツボックリ

2007-07-28
写真
本日はヤマユリとコレと向日葵を目的で森林公園に行って来ました。
マツボックリの場所が判らず、植物園の売店で聞いてみましたがやはり判らずと思ったら植物園の管理の方が3名も来てくてれ、いろいろ調べてくれた結果、たぶんヒマヤラスギのマツボックリだろうと云う事で種類が判ればさすがにプロ、すぐに木の場所を詳しく教えてくれました。
大変な大木でマツボックリは意外と少なく、有っても当然高い所にありますので諦めながらも探し回って何枚か物にできました(^_^)v

マツボックリは毬果・球果といい、果と云ってもマツは裸子植物ですので果実ではありません。
ヒマラヤ北西部~アフガニスタン東部原産のヒマラヤスギ(マツ科)の種子の素?
長さ6~13cmのたまご形で、熟すのに数年かかるそうな。
特大の物はもっと寒い所でないと育たないらしいそうな。
普通の物はアカマツ・クロマツらしい、このヒマラヤスギはマツ科と云う事で一応納得。
PICT2555.jpg

続きを読む

高峰高原 車坂峠から黒班山へ その2

2007-07-28
写真
浅間山の頂上です、さかんに噴煙を上げています。
風が無いと上に向かって立ち上がってとても勇壮ですが昼間はまず見られないでしょう。
一応火山活動中で立ち入り規制がされていますのでこちら側の外輪山からは先は禁止です。
P1030803.jpg

続きを読む

高峰高原 車坂峠から黒班山へ

2007-07-27
写真
無事無罪放免で戻ってきました取り敢えず悪化はしていないのであと数年は生きていられそうです(^O^)
写真の整理が出来ていないのと、これからのシーズンの参考にと一昨年の在庫からアップしてみました。
小諸側から高峰高原に向かった車坂峠の少し下側の所です。
冬はスキー場へのアプローチになりますがアイスバーンだとあまり走りたくない道です。
上田市方面から向こうのお山は北アルプスかな?
P1030792.jpg

続きを読む

東秩父村のネムノ木 最後

2007-07-26
写真
またまた予約更新です。
明日当たりは復活できるかな?
PICT2278.jpg

続きを読む

東秩父村のネムノ木

2007-07-25
写真
野坂寺を後にして、さて何処に行こうか悩みますがいつ降り出してもおかしくない雲の雰囲気で西沢渓谷まで足をのばしても仕方ないしで取り敢えず森林公園に向かうことに。
定峰峠越えで東秩父村へ抜けることに、のんびり走れば普通の道だが下手糞な対向車が怖い。
市内から国道経由で峠方面へ向かうと混雑するので東側を通るといつもながら実に空いている。
峠を過ぎると雨が降り出してまいりました。 途中にまたネムノ木を発見、道路横の崖下から生えているので上から見るとすぐ近くに見えるとは有り難や。
ピークをやや過ぎて雨に濡れているのでフックラ感が無いのが残念ですがこれだけ大きく撮れるのはかなり貴重ですね。 
止む気配がないのでそのまま森林公園はパスして帰路に...

この頁が表示される頃には監禁状態で、これは予約で表示されています。
コメント頂いてもすぐに反応できませんので、あしからず(^O^)
PICT2268.jpg

続きを読む

秩父札所 12番野坂寺のご近所

2007-07-24
写真
すこし大きくなった子猫が5匹、兄弟らしい?。
初めはこの様に怪しい奴だと警戒しております。
PICT2260.jpg

続きを読む

秩父12番 野坂寺 その5

2007-07-23
写真
写真としてはいまひとつですが、私的には一番お気に入りの色具合です。
綺麗なバックですが普通に撮ったものでスタジオでも家の中でもないのですがたまたまマダラにならなかったようです。

これにて蓮のシリーズはおしまいかもしれません、といいつつ明日は行田⇒森林公園になるかも (年末進行なみでな日付がずれている)。

医者に行った結果では検査一式の追加だそうでまたまた出費で普通に高いレンズが1本は買えそうだぞ、きっと(T_T)
自己負担率が10%から30%に変更だなんて物は言い様で結局は実際の医療費が3倍になつたということになります。
おちおち医者にも行けないご時世か....
PICT2254.jpg

続きを読む

秩父12番 野坂寺 ノウゼンカズラ

2007-07-22
写真
野坂寺を出て付近を散策してみました、大変立派なノウゼンカズラを発見。
今まで見た中では一番大きいサイズの木でなかなか見事で御座いました。
いまにも降り出しそうなお天気でしたがこの花には晴れよりも良いようです。
PICT2257.jpg

続きを読む

秩父12番 野坂寺 その4

2007-07-21
写真
またまた落花物です、花びらのグラデーションが判り易いく好きなのであしからず(^_^)
しっかり解像しているのですがなんとなく絵画風でこれもまた好みであります、この手のものは特に構図次第ですがセンスの無さをつくづく実感してしまいます。

今日は突然ですが医者の呼び出しを受けましたが検査結果がどうなのか、何を云われるかどうせロクな事ではないだろうが指定時間が遅いので、森林公園のユリに行こうか思案中ですがお天気がパットしないので大人しくしているかどうしようか。
PICT2236.jpg

続きを読む

秩父12番 野坂寺 その3

2007-07-20
写真
PICT2225.jpg

続きを読む

秩父12番 野坂寺 その2

2007-07-19
写真
六地蔵は6体並んでいるものが多いですが、こちらは3対ずつ向かい合っています、反対側は撮っておりませんのであしからず。
赤いオベベを纏っていないのはこちらの住職さんのポリシーでしょうか。
居ない間に着せられたら脱がすというのも気持ち的には穏やかではないだろうと余計な事を考えてしまいます。
PICT2217.jpg

続きを読む

秩父12番 野坂寺

2007-07-18
写真
果樹公園で有名な芦ヶ久保からは秩父市内の前までは直ぐです。
早朝でも信号も多く混雑しがちな市内方面を避け羊山公園の中を通ります。
この時期は地元の人しか通りませんのでスイスイです、公園の中はさすがに何もないので人はさすがに少ないですが紫陽花はまだまだ頑張っていました。

このお寺は桜と蓮の時期に訪れますがたまにバスの団体さんが来るくらいで混雑とは無縁です。
札所になっているくらいで特に広くもなくまぁ普通のお寺ですが手入れが実に行き届いていて気持ちが良いです。
蓮も池ではなく沢山の甕に並んで咲いていますがやはり綺麗に手入れされていますので楽に撮影できます。
PICT2208.jpg

続きを読む

古代蓮の里 第2弾の帰り道

2007-07-17
写真
帰り道で見かけたピンク系のハマユウです、こちらの方が一般的らしいですがそれほど見ないのでなんとも判りません。
PICT2180.jpg

続きを読む

古代蓮の里 第2弾 その9

2007-07-16
写真
PICT2153.jpg

続きを読む

古代蓮の里 第2弾 その8

2007-07-15
写真
2日続けての検査で、検査疲れも今日はのんびりと云う訳にもいかず、車の定期点検と車検の見積もりに、良く見るとリサイクル費用が加算されているようだが購入した時に払ったような気もするが良く判らない、馬鹿にならない金額なので調べてみなければ。
PICT2133.jpg

続きを読む

古代蓮の里 第2弾 その7

2007-07-14
写真
昨日はいよいよYAMADAが池袋へ進出とニュースでも大きく報じられて、そんなに並んで良い買い物ができたでしょうか(^O^)
チラシを見る限り限定品はともかくそれ程安くないというかわざわざ行くほどでもない?
新宿のヨドバシへも来年は勝負を掛けるらしい話ですが、ビックはともかくヨドバシは手強いと見るがさてどうなるか。
一人勝ちはロクな事がないので程々に頑張って頂きたいですね。
PICT2113.jpg

続きを読む

古代蓮の里 第2弾 その6

2007-07-13
写真
週末はお天気が悪そうですね、写真はお休みでまた美術館巡りになりそうかな。
東京写真美術館と言うのがあるそうでそちらになるかも。
PICT2100.jpg

続きを読む

古代蓮の里 第2弾 その6

2007-07-12
写真
PICT2099.jpg

続きを読む

古代蓮の里 第2弾 その5

2007-07-11
写真
PICT2078.jpg

続きを読む

西武秩父線芦ヶ久保付近 その2

2007-07-10
写真
300ミリでアップにしてみますと沢山咲いていますね、都内で見た時はこんなにというかチラホラしか花はなかったのですが一杯咲くのが普通なのでしょうか。
今にも降り出しそうなお天気で日が当っていたら凄いかも。

背が低い木を別の2箇所で発見しましたが花も小さいようでそがれます。
PICT2199.jpg

続きを読む

古代蓮の里 第2弾 その4

2007-07-10
写真
手を変え花を換え、まだまだ続きますよ(^O^)
PICT2066.jpg

続きを読む

古代蓮の里 第2弾 その3

2007-07-09
写真
PICT2056.jpg

続きを読む

西武秩父線芦ヶ久保付近

2007-07-08
写真
以前に目にしていた経験があったと思いますがこの『ねむの木』と『ゆりの木』を今年初めて意識して見みました。
ゆりの木は森林公園で撮ることができ、ねむの木も今回沢山撮る事ができました(^_^)
2つとも背が高い木で上の方に咲いているので大きく撮るのはたいへんです、特にここは国道の横で大型のトラックやダンプが通ると大揺れでオマケに風が強いのでなかなか枚数が撮れず意外と時間がかかりました。
時期的にはややピークが過ぎてしまっており木によっては全然対象になりません。
一旦目に付くと偶に見掛けるくらいは咲いていますので機会があればまたチャレンジしたいものです、上の方に咲いていますので見上げないと気が付かないかもしれませんよ(^_^;)
PICT2181.jpg

続きを読む

古代蓮の里 第2弾 その2

2007-07-08
写真
同じ色、同じ形の蓮を何枚撮っても変り映えし難いです、そこをなんとか手を替えやっておりますがいよいよネタが尽きそうですが、まだまだ続きます。
PICT2043.jpg

続きを読む

古代蓮の里 第2弾

2007-07-07
写真
引き続き 行田の古代蓮の里の第2弾です、たぶん第3弾もあるでしょう。
明日は秩父にまた蓮ですので、延々と蓮が続きそうです。
森林公園のユリがやはり開花していないようで円良田湖から五百羅漢に廻るかすぐ帰ってくるか、さてさて。
PICT2023.jpg

続きを読む

大崎公園 夏が来た? その4

2007-07-06
写真
大崎公園のコンデジもこれにて。
とってもショボイ、ファインダーでピントも良く判りませんがスポット測光の半押しでの取り捲りです。
何処に合わせるかで決まってしまいますが慣れてしまうと日の丸測光ですので大外れはないし意外とピントは来てくれますし深度も深いのでどっちか良いかは物次第ですね。
P1060882.jpg

続きを読む

2007-07-06
未分類
う~ん、圧縮してしまうと実も蓋もなくなってしまいました(^_^;)
ハマユウと書いてありましたが見た目は全然違うインドハマユウ(印度浜木綿)らしい?
普通のハマユウの園芸種で同属とのことですがあまりに違うぞ。
PICT1956.jpg

続きを読む

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © saihokusibu All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。