Leoの花の写真

身近な花の写真 風景の写真

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

権現堂の紫陽花 その3

2007-06-30
写真
今日はこの時間なのに何故か重い、これは酷いですね。
PICT1743.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

行田 古代蓮の里 その4

2007-06-29
写真
PICT1894.jpg

続きを読む

権現堂の紫陽花 その2

2007-06-29
写真
いや~暑いですね、帰ってくるとグッタリでとこたえます。
頭がまわりませんので文を書くのが大変です、皆さんの所を廻って拝見させて頂いてはおりますがコメントを書かせて頂く気力がいまひとつ。
エアコンは使わずに今まで頑張ってきましたが今年はかなり買う気に傾いています。
体の為には我慢したいのですが。

良く見るとこの蜘蛛の巣はかなり手抜きかまだ慣れていないのか、ちょっとキレイになっていないぞ(^_^;)
PICT1685.jpg

続きを読む

権現堂の紫陽花

2007-06-28
写真
ちょっと気合が入らない撮影でしたが、傾斜やあの有名な桜の木が沢山ありますので光の変化が結構有ってなんとか何枚かは様になったかな?
PICT1671.jpg

続きを読む

行田 古代蓮の里 その3

2007-06-28
写真
PICT1874.jpg

続きを読む

東京国立博物館 タイサンボク

2007-06-27
写真
本館入り口の横にタイサンボクの大木がありました、判り難いですが花もとても大きいです。
ちょうど開いた頃には花びら自体は草臥れた物が多くキレイなものは少なく、高い所や葉の裏に隠れてなかなか撮らせてはくれません。
P1060805.jpg

続きを読む

行田 古代蓮の里 その2

2007-06-27
写真
PICT1851.jpg

続きを読む

国立科学博物館 その5

2007-06-26
写真
奥の別館? こちらのダビンチは並ばず入れると思ったら中は押すな押すなの満員でコレでは見てははいられないので退散することに。
続きの裏手から本館へそこそこ人は居るものだ、しかし広い、グルっと廻って入り口に出ると例の大行列で諦めて出てきて振り返ると...
P1060788.jpg

続きを読む

行田 古代蓮の里

2007-06-26
写真
開花予想では 3分咲きくらいのようだが、目が覚めたので古代蓮の里へ。
寝坊してはいけないのでのんびりしてはいられない、7時過ぎに到着。
蓮田のバイパスが開通したお陰で距離の割には意外と時間は掛からない。
蓮と云えば朝が早いのだが、帰りの10時半だとまだまだ充分開いている、居た事はないが昼過ぎでは本当に閉じてしまうのか判らない。
去年の倍くらいの人出のような気がするが広いので混雑感はほとんどないですね。
入り口前の人工池では様々な蓮がもう充分咲いておりました。
次から次へと4日の命で咲いてくるのでもういつでも良い様で、但し奥の古代蓮はまだツボミが多いのだが、もう見飽きたかな(^_^;)
PICT1843.jpg

続きを読む

画像復活ソフト

2007-06-25
写真
昨日は画像の復活ソフトを探しまわりましたが、結局フリーとかシェアくらいの安いものは全くみつかりませんでした。
また、高いお金を出しても復活してくれるのか微妙であります。
一晩よ~く考えたらアレが有ったと思い出しました、もう復活してしまったので試しになりませんのでどの程度役に立つかは未知数ですが、作成元は確かですし今の所は無料ですのでブックマークしておいた方が宜しいかも。
http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/gazou-fukkatsu/
tarenanamemigi.jpg

先日からどうも眠い、ダルイと思っていたら風邪のようです、もう寝ます(^_^)

東京国立博物館 その4

2007-06-25
写真
暗いです、なんとか写っているようです、無理に明るくするとノイズだらけになるほど暗いです。
一度は見た事があるお馴染みの物ですが年代によってどうかないう気も多少しますが。
P1060782.jpg

続きを読む

武蔵丘陵森林公園 再び オオヤマオダマキ

2007-06-25
写真
森林公園の2回目もこれにてお仕舞いです、またすぐ来ることになるでしょう。
地図を見るとそれほどの距離ではありませんがアッチコッチとまっすぐ歩きませんのでかなりくたびれます。

今日は行田の蓮を見に行ってきました、まだまだそれ程咲いていない案内でしたが古代蓮を除けばかなりというか充分咲いておりました、去年よりも随分と人が増えたような。
お天気がイマイチで蓮は晴れていた方が宜しいようで取り敢えず見たらガッカリでした。
CFの1枚がPCで認識してくれず、復旧ソフトを探して午後をつぶしてしまいました、簡単に認識してくれたのは1本のみでサンプル版なので復旧まではしてくれません。
ダメもとでCHkDSKをかけてみたらあっさり復旧、初めからこうすれば1分で済んだのにと腹を立てても仕方ないか(-_-;)
PICT1662.jpg

続きを読む

東京国立博物館 その3

2007-06-24
写真
真下に立って見上げて1枚、感度アップはまるでダメなカメラですのでこう暗いとブレは如何ともし難いですがまぁなんとか写ってくれました。
P1060768.jpg

続きを読む

武蔵丘陵森林公園 再び 野草コース

2007-06-24
写真
野草コースの谷間は暗いです、今日はやたらと蚊が多くじっとしていると大変です。
坂を登って上の段にくると風も吹いているし蚊の攻撃も緩くなりますが油断大敵です。
PICT1635.jpg

続きを読む

武蔵丘陵森林公園 再び 野草コースへ

2007-06-23
写真
写真と関係ないですが、今日は何故か眠いです。
考えてみると朝は電車に缶詰だった、座っていたのと暑くなかったのでそれほどでもなかったが5時間も身動きが取れなかった御仁がいらっしゃったのは悲惨だ、会社に出てきても仕方ないような。
結局文庫を一冊読んでしまった。
さて明日は何処へ行こうか全然考えていないし、山歩きも仕度していないのでさてさて。
PICT1624.jpg

続きを読む

東京国立博物館 その2

2007-06-23
写真
建物の名前は忘れてしまいました、かなり落ち着いた佇まいです、資料室のようなそうでないような、椅子に座るとくつろいでしまいそうな雰囲気です。
P1060760.jpg

続きを読む

東京国立博物館

2007-06-22
写真
国立博物館の柵越しに1枚、はてなんだろう。
P1060743.jpg

続きを読む

武蔵丘陵森林公園 再び ルピナス周辺

2007-06-22
写真
ルピナスも前回の時よりもかなり成長したようでボリュームが一段増えました。
これからのものもありますが、もう終わったものも目に付きます。
PICT1577.jpg

続きを読む

武蔵丘陵森林公園 再び ハーブ園に戻る

2007-06-21
写真
ずっと日向でやっとハーブ園まで戻りました、暑いし腹もへったので写真もそこそこに植物園の売店へ、今日は本気でビールが呑みたいぞ思ったがまたまたソフトクリームで我慢、と云ってもこちらも美味しい。
こちらの公園発行の花のガイドブックも購入、税込み300円にして中身が宜しいような。
PICT1558.jpg

続きを読む

国立科学博物館

2007-06-21
写真
グルット周囲は廻って見れますが、単に置いてあるだけのような。
ツブレタと思いましたが辛うじてD51が見えました。
P1060739.jpg

続きを読む

武蔵丘陵森林公園 再び カモミール畑 その5

2007-06-20
写真
カモミールも一周してまたハーブ園に戻ります。
PICT1545.jpg

続きを読む

上野美術館めぐり

2007-06-20
写真
国立西洋美術館の中はある意味とても豪華です、建物も展示物もなにかお金が掛かっています。
角々には見張り?のお姉さんが居ります、広い会場ですので合計すると、交代もあるのでしょうからかなりの人数で、公務員として退職金まで考えたら凄い経費などと決して考えてはいけません。
グルッと廻って外に出るといかにも降り出しそうなお天気、これから取り留めの無い写真が続きます。
P1060717.jpg

続きを読む

JHから返事が

2007-06-19
未分類
先日、ETCの通勤なんたら割引についての返事がきました。
この割引は大都市圏の部分、例として関越なら練馬-東松山間は割引対象外となるのですが100キロ以内と言う条件に含まれるのか否かの質問でした。
結論として含まれるそうで、練馬-軽井沢は130キロありますので全額対象外となります、東松山で一旦降りるか、藤岡までとするか悩ましい。
訳あって私はあと2年チョイは無条件で半額なのですが半額でも高いと思うんですよね。

別の話ですが、画像のソフト化について。
知っている人は知っている画像処理の『Jtrim』いうフリーソフトの加工フィルターに、ソフト、ソフトレンズ、ガウスぼかしの3つがありますがソフトレンズというのが芯を残しつつソフトになってくれて調整も効きますので私的にはなかなかの優れものと思います、が滅多に使わないので断言できませんがまぁ試してみてください。
24604-1.jpg

続きを読む

大崎公園 夏が来た?

2007-06-19
写真
チャリで見沼方面へ、取り敢えず大崎公園に。
写真を撮る予定なしで、念の為コンデジをウエストバックへ、到着するとなんと花が一杯。
捩じれる方向が左右逆に並んでいるとは珍しや、これは撮らずばとまず1枚。
マクロレンズに慣れるとコンデジの寄れそうで寄れないのは疲れる、寄れるのはワイド端とテレ端のみとは嫌になる。
P1060815.jpg

続きを読む

武蔵丘陵森林公園 再び カモミール畑 その4

2007-06-19
写真
いろいろと覗き込んでいると周囲にも面白いものがあります。
飛びそうで飛びません。
PICT1480.jpg

続きを読む

武蔵丘陵森林公園 再び カモミール畑 その3

2007-06-18
写真
もう少しバックが明るいと色が映えたのですが...
PICT1504.jpg

続きを読む

日光植物園 その5

2007-06-18
写真
日光もこれにてお仕舞い、特に暗い訳でもないのですが木漏れ日でスポットライトのよう照らされていましたので明るい所に合わせると夜のストロボのようです。
良いお天気でもうかなり暑いですが、朝は平地の12月くらいの服装で行かないと寒くて動きが取れないかもしれません。
冬に行って見たいですが寒くて無理かな(^_^)
PICT1320.jpg

続きを読む

日光植物園 その4

2007-06-17
写真
奥の方からグルリと廻ってきて出口方面へ向かう途中のロックガーデンには花が沢山咲いておりました。
珍しいものもあります、良く見掛けるものでもチョット違うようですがどこがどう違うのかはサッパリ判りません、調査中という札が掛かっていたりしますのでたぶん学術的に違うのでしょう。PICT1295.jpg

続きを読む

日光植物園 その3

2007-06-16
写真
また山藤です、昨日と同じ木を別の方向から。
花を浮き上がらせようと思いましたがなかなか上手くいかないものです。
PICT1283.jpg

続きを読む

武蔵丘陵森林公園 再び カモミール畑 その2

2007-06-16
写真
写真では判らないですが、この時点で暴風に近い強い風で三脚が無ければ怒りたくなりそうです。
風が弱まるまで気長に待って1枚ずつ、畑の中央のテーブルで一休み。
PICT1495.jpg

続きを読む

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © saihokusibu All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。