Leoの花の写真

身近な花の写真 風景の写真

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真言宗智山派 総持院 の牡丹

2007-04-30
写真
さいたま市見沼の『総持院』の牡丹を見に行ってきました。
今がピークで連休後半までは持っていると思われます。
地元でありながら、話には聞いておりましたがかなり立派で驚きました。
これで今年は他の牡丹園へ行かなくて済みそうです(^O^)
駐車場有り、無料です、当然混んでいますが三脚を広げなければお互い迷惑にならない程度です。
あくまでお寺の好意で無料開放して頂ける訳ですし基本的には墓地ですのでご理解願います。
門の所で買った柏餅は正解でした、道端で胡瓜の糠付けが200円売っておりました、袋に入っていると少しに見えますがなんと10本入っていました、これは安いです。
農家のおばあさん手作りで最高のお味で御座いました、こう云ったものはなかなか食べられませんので漬物好きな方はお見逃し無く。
PICT0238-2.jpg
今日は一枚のみでまた後日...
スポンサーサイト

吾野 里(山)散歩 その3

2007-04-30
写真
ここに限らず周辺には良さそうな所が沢山目に付きます。
電車で吾野駅を降り飯能方面へのんびりと景色を見ながら歩いて戻るというのもなかなか良さそうです、ダラダラの下りで楽かな。
PICT9888.jpg

続きを読む

もうひとつの寫眞館 4/29

2007-04-29
もうひとつの寫眞館
今日は森林公園の予定でしたがしっかりと寝坊でした。
良いお天気なので新宿御苑に、たいしたものでそこそこの人出ですが広いので混雑感はなし。
ハンカチの木に群がっていたが好みでないので結局下から見上げただけで退散。
通った事がない西側の通路を行くと人が全然居ないさびしいくらいだがクマは出ないだろう。
桜も八重の残党の花が少し残っているくらいで終了でした。
ツツジは特に見るべきものはなし、ハナミズキがピークでした。
バラもだいぶツボミが膨らんでまいりました。
温室のカレーの香りの木には驚いた、最初は良かったが頭が痛くなりますなこれは。
と云う事で今晩のご飯はカレーなどを作って見ました(^O^)

帰りに某大手カメラ屋に寄って見ましたがビックより高いような、ホントにこの値段かと聞いたらそうだと言うのでアホらしいので退散。
キタムラの新宿店というのもなんかやる気がなさそうでプリント屋の店先に申し訳程度並べているだけのよう。
秋葉原に某巨大店が出来てから利益重視で無理に売らない強気の政策に転換か、それでも客は来るから正解かな。

キタムラ池袋店の対抗値下げの矛先は果たしてどこなのだろうか?
お金は準備しているがこれでは購入意欲が湧かないぞ~。
_ICT8251-8.jpg

吾野 里(山)散歩 その2

2007-04-29
写真
ポツポツ在った民家の脇を通り抜け奥へ向かうとひっそりとして鳥の鳴き声が目立ちだします。
ゆっくり一応舗装されている道を登っていくとやがて土の道に変り山の中に、以前ならもう少し行ってみるのだが誰も通らない所はチトまずいので引き返す事にします。
PICT9866.jpg

続きを読む

吾野 里(山)散歩

2007-04-28
写真
秩父へ向かう道すがらいつも気になる所がいくつかあるがその筆頭はここである、脇目で眺めつつ車を止める所が無いのでいつも通過。
その景色はまるで花見山、勿論それほどの規模でもないしそれなりに民家がポツポツと生活のにおいは当然あるのだが。
とにかく花が一杯の中ただブラブラ歩く。
PICT9849.jpg

続きを読む

秩父 4番金昌寺 その2

2007-04-27
写真
桜も一段落して夏暑くなるまでこの秩父も巡礼の方で賑わうでしょうがまだひっそり、梅がまだ咲くかという時期に歩いて廻っていると1日数人しか出会わない事も。

今年の秩父の写真もたぶんこれでお終いです。
PICT9822.jpg

続きを読む

秩父 瑞岩寺 その2

2007-04-27
写真
登り切った所から頂上の方です。
PICT9545.jpg

続きを読む

秩父 4番金昌寺

2007-04-26
写真
4番札所金昌寺です、マリア観音と石仏で一部の筋で有名かな?
このマリア様は実に撮り憎いですね、ストロボなんぞ焚いたら写らんだろうと思のだが...
それほど多くありませんが桜もあり、門をくぐりちょっ登ったあたりは石仏と桜のポイントになる筈です。
一般に有名でないと巡礼の団体でも来ない限りどこへ行ってもあまり込みませんのでいつもゆっくり拝観可能です。
PICT9824.jpg

続きを読む

秩父 瑞岩寺 

2007-04-26
写真
美の山から国道へ出てすぐ左折して裏道に入りそのまま進むと嫌でも瑞岩寺の門前にでます、手前と門前に駐車場がありますがお寺自体はそれほど大きくありません。
お寺の北側に登り口があります、滑りやすいですのでそれなりの格好で。
ロープが張ってありますので落ちて死ぬことはまずないと思いますが(^_^;)
PICT9519.jpg

続きを読む

秩父 美の山から瑞岩寺へ

2007-04-25
写真
美の山を南口方面へ降ります、中腹や山麓の桜はかなり不作のようで桜のトンネルなんぞは有りませんでした。
出口の手前のゴルフ練習場越しに瑞岩寺の裏山が楽チンで見られます。
登るのが嫌な方はこちらからどうぞ。
PICT9798.jpg

続きを読む

秩父 清雲寺 紅枝垂れ桜 その7

2007-04-24
写真
光のカーテンかシャワーのように輝いておりました。
もう少し下を入れたいのですが諸般の事情でこれ以上さげられません(T_T)

これにて今年の清雲寺の桜は終了です。
来年は久遠寺と妙義山のどちらかは行って見たいです。
PICT9665.jpg

続きを読む

秩父 美の山 山の上 その2

2007-04-23
写真
美の山頂上花の園地手前の桜ですがこの木が一番早かったのでしょうもう終わり掛けています、向こうは東側になります。
この下を頂上からグルッと回って北側口に抜ける道路があり、そのまたずっと下には1番四萬部寺前から寄居有料道路に抜ける裏道になっています。
国道をはちょっと混むとアウトですから有料道路・長瀞裏街道・四萬部寺経由・大混雑の時は定峰峠経由の山越えで小川町へ抜け東松山ICまでの経路でしょうか。
PICT9786.jpg

続きを読む

もうひとつの寫眞館 4/24

2007-04-23
写真
今朝は熱も下がり出勤しましたが頭がまだ働きません。

昨晩は血圧・脈拍・体温が一気に上昇しておまけに左肩に痛みが、ついにお迎えが来たかと治療の手帳やら医療関係を手元に集めて救急車を呼ぶか呼ばぬか思案の様子見。
呼んだ所で夜間では都内でも対応はお寒い状態を理解しているのでジタバタしてもしょうがない。
痛みが左胸まで降りてくれば待った無しなのだがその気配もなく寝ると危ないので一応暫く起きていたのだがそのまんまでした。
どうも発熱による肋間神経痛だったようで心臓の病持ちには迷惑な話だ。

と言うことで朝にはすっかり熱も下がりました。
いろいろご心配をお掛けしましたがいまの所順調ですm(__)m
_ICT8226.jpg

もうひとつの寫眞館 4/22

2007-04-22
もうひとつの寫眞館
今日はFC2のレスポンスがニィフティやライブドアに匹敵する遅さですね(^_^;)
いや~今朝は熱も下がったのですが起きると厳しい、寝てれば全然なんともないんで『サブマリン707』とか『ラバウル烈風空戦録』のマンガを読み直してました。
さて『紺碧の艦隊』21巻をこれから読み始めようと思っていますがさて何巻まで寝ずにいられるか....

毎度コメントを頂きありがとうございます、現在思考力が全く無い状態でしてご返事は後日にさせて頂きます、宜しくお願いいたしますm(__)m
_ICT8222.jpg

もうひとつの寫眞館 4/21

2007-04-21
写真
今日は妙義山のさくらの里に行く予定で3時過ぎに起きたのだがどうも体がダルイし熱もある断念して寝ることに、今年はタイミングが丁度良い筈だったのだかまた来年。
しかしこの時間に汗ダラダラなので明日は動けるかな。

またまた同じ桜を縦に撮ってみました。
PICT9726.jpg

秩父 美の山 山の上

2007-04-21
写真
頂上の芝生から西の方の奥秩父の山々です。
天気が良いので気持ちよいです、ここでビールでも呑めれば極楽でしょう。
葉桜のように見えますが茶色い葉が目立つ山桜でやっと1~2分咲きくらいでしょうか。
今週末が見頃と予想しますがどうかな?
P1060523.jpg

続きを読む

秩父 清雲寺 紅枝垂れ桜 その6

2007-04-21
写真
今回は渋目のものを...
圧縮するとなんかゴチャゴチャしているだけのように見えますね。
PICT9641.jpg

続きを読む

もうひとつの寫眞館 4/20

2007-04-20
写真
池袋のビックカメラのカメラ専門館に行ってみた。
いつのまにか総合館に変わっていてカメラは途中の小さいビルに引っ越して売り場も大幅に縮小していた。
値段も普通でと云う事は高い、展示数も減り、売り場の人も少ない。
カメラ業界は好調でニコンはウハウハらしいが、このギャップはなんなのだろう。
そこそこの値段なら28-300を買おうと思ってきたのだが阿保らしいのでさっさと退散。
もうカメラ専門店という認識は持たない方が宜しいような。

近くのキタムラ買取店ではいくつかの売れ筋レンズが対抗値下げと銘打って安売りしていたが何処かで安売りしているのか、新宿のヨドバシまで行って違っていたらアホらしい。

下の写真は先日の霧に隠れた桜の木です。
PICT9706.jpg

秩父 清雲寺 紅枝垂れ桜 その5

2007-04-20
写真
人の動きをみながらこちらも境内をウロウロしております、団体さんは咲き具合に関係なく押し寄せては去っていきます。
この枝垂れは花の付き具合も丁度よいような気がします。
PICT9635.jpg

続きを読む

秩父 法善寺 その2

2007-04-20
写真
法善寺の境内です、それほど広くありません。
左手の外に有名な枝垂れとお地蔵さん、正門があります、左が鐘突き堂、右が本堂。
中央右よりの紅枝垂れがここでは一番遅いようです。
PICT9509.jpg

続きを読む

もうひとつの寫眞館 4/19

2007-04-19
もうひとつの寫眞館
お昼休みにお散歩していたら八百屋さんの店先でキレイな茗荷が並んでいました。
なぜか無性に奴が食べたくなり買ってしまいました、予定通り先ほど美味しく頂きました、春の香りが一杯です(^O^)

大崎公園の温室の庭に居る野生のタヌキです、野生化した野良ではなく親は昔から来ていたそうでここに住み着いている訳ではないそうです。
これ以上近づくと隠れてしまいます。
PICT9214.jpg
今週は真面目に仕事をしたので流石にお疲れです、風呂に入ってもう寝ようかな(^_^;)

秩父 清雲寺 紅枝垂れ桜 その4

2007-04-19
写真
ここ清雲寺の写真も沢山撮ってしまいましたのでご参考までにと、しばらく続きます。
飽きずにお付き合い下さい。
PICT9618.jpg

続きを読む

秩父 法善寺

2007-04-19
写真
岩根山に向かう途中で寄って見ました、道路沿いですので駐車場に入るだけです。
霧がなくても朝早いですので森閑としております。
岩根山の入り口までは車ならすぐです。
PICT9437.jpg

続きを読む

業務連絡

2007-04-18
未分類
当局の粗相らしき?状態でコメントが書き込めない状態でしたが無事復旧致しました(^O^)

大崎公園の温室前で盛大に咲いています石楠花です。
大柄のツツジやハナミズキも咲きだしております。
PICT9897.jpg

秩父 清雲寺 紅枝垂れ桜 その3

2007-04-18
写真
紅枝垂れと言っても色の濃いもの薄い物、花の密度が多かったり少なかったりさまざまです。
個人的には白くて程々の花付きのものが好きですが、これだけ見事な物を一度は見ておきたいでしょう(^_^)
PICT9613.jpg

続きを読む

秩父 岩根山 その4

2007-04-18
写真
岩根山はこれにておわりです。
この1枚、最初はピンときませんでしたがだんだんと愛着が湧いてきました。
PICT9712.jpg

続きを読む

秩父 清雲寺 紅枝垂れ桜 その2

2007-04-17
写真
すっかり散ってしまったものやら今を盛りに咲き誇っているものと見ようによってはゴチャゴチャですが、これからピークを迎えつつある木がぽつんと1本。
PICT9573.jpg

続きを読む

秩父 岩根山 その3

2007-04-17
写真
もっとも高い地点の入り口より中に入って行きます。
入り口はずっと下の登山道口とこちらのちょっと下右手に有ります。
PICT9443.jpg

続きを読む

もうひとつの寫眞館 4/16

2007-04-16
もうひとつの寫眞館
霧に霞む散りかかった桜が1本。

美の山の頂上は今週末がピークか? 微妙にちょっと早いか?
散っているようでも必ず少し歩いて奥の『花の園地』まで行って見ること。
瑞岩寺のツツジもそろそろドピークだが桜はもう散ってしまっているか。
法善寺もメインの枝垂れは終わっているが他の枝垂れはギリギリかな。
PICT9687.jpg

秩父 清雲寺 紅枝垂れ桜

2007-04-16
写真
ここ清雲寺の枝垂れ桜は、メインの天然記念物の白い枝垂れと紅い枝垂れとがなかなか同時に咲いてくれません。
今回はどうしても満開の紅枝垂れが見たくて白い方が葉桜になるのを覚悟で意図的に遅らせて見に参りました。
あと2・3日早ければ白い方も多少は残っていて素晴らしい競演が見られたかもしれませんが宮仕えゆへ好きな時に参る訳にもいかず先の楽しみと致します。

満開の天然記念物の方はこちらの ⇒ ZEISSさんの所に素晴らしい写真があります。


PICT9567.jpg

続きを読む

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © saihokusibu All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。