Leoの花の写真

身近な花の写真 風景の写真

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年11月 熱気球 番外編

2006-11-30
写真
快晴の空の下、じつに気持ち良さそうに飛んでいますね。
じつはこの後に...
PICT5907[1].jpg
PICT5908[1].jpgPICT5909[1].jpg
このまま奥に抜けていく筈なのですが、急激に下降して真っ直ぐ来てしまいました。
気流が巻いていたのでしょうか?
PICT5913[1].jpgPICT5914[1].jpg
ドーンと凄い音がしてこんな有様に....
小さくて見えませんが農家のおばあさんが出てきました、さぞかし驚いたことでしょう。
幸い家も壊れずケガ人もなく済みました。
PICT5917[1].jpgP1060108[1].jpg
このままでは上昇できませんので浮いたまま移動です。
P1060111[1].jpgP1060113[1].jpg
でも諦めて畳む事になったようです。
光が透き通って素晴らしい輝きでした、これを見れただけでもラッキーでした。
P1060119[1].jpgP1060121[1].jpg
篭の中を覗かせて戴きました。
折角ですのでついでにバルーンの中を覗かせて頂きましたが逆光の光で中はやはり輝いていました、燃料の臭いがまだ凄いです、このままホッテおいてもなかなか萎まないようです。
P1060125[1].jpgPICT5912[1].jpg
こちらのバルーンも急に降りてきました、サポートは全然やってきませんでしたので気流が変だったようです。
PICT5919[1].jpg
体力も限界にきましたので、これにて25日の撮影は終了として帰路に着くことにしました。
競技はまだ午後の部へ、夜からクライマックスのイリュージョンへと続きます。

こちらにも素晴らしい写真が一杯ありますので是非ご訪問下さい。 
    ↓
http://blog.livedoor.jp/babathegiant/archives/2006-11.html#20061130
スポンサーサイト

17th FAI World Hot Air Balloon Championship, Tochigi, Japan, 2006 25日

2006-11-29
写真
23日は充分楽しめたのだが曇りで色が今ひとつだったのが気になっていたけれど、今日は快晴になりそうでつい来てしまった。
途中で道に迷って6時過ぎに到着、おおっと23日と違ってなかなかの混雑。
しかし朝は無料とはなんとも嬉しい、Taskを確認にインフォメーションを探すがサッパリ判らないので離陸を撮ったらサポートに小判鮫戦法と決めこむ。
23日に公式の冊子を2つとマップを戴いたので役に立つだろう。
上から撮ると逆光になる、今日は順光で撮るつもりなので崖を回りこんで下の南側に陣取るが上の混雑とは違い3名しかおらずガラガラ、周囲を気にせず邪魔も入らず極楽撮影モードだ。
何度見ても60機も揃うと壮観だ、次々と離陸するのを見送くるが最後まで居ると置いていかれて路頭に迷う。
PICT5776[1].jpg
PICT5779[1].jpgPICT5783[1].jpgPICT5784[1].jpg
P1060071-2[1].jpgP1060077-2[1].jpgP1060080-2[1].jpg
P1060084-2[1].jpgPICT5787[1].jpgPICT5789[1].jpg
PICT5792[1].jpgPICT5794[1].jpgPICT5804[1].jpg
心臓に負担を掛けないよう急いで崖を登ると、アッと驚く光景が目の前に....
正面一杯にパルーンが日を浴びて光っている、凄い思わず見とれる。
ひたすら撮り続けて結局置いていかれる事になるが方向は判るので追いかけに入る。
この辺りは子供の頃の原風景が広がり眺めているだけでホットする。
こういう機会でもなければもう見かける事がない風景だ。
PICT5806[1].jpgPICT5808[1].jpgP1060092-2[1].jpg
PICT5809[1].jpgPICT5817[1].jpgPICT5818[1].jpg
PICT5820[1].jpgPICT5823[1].jpgPICT5826[1].jpg
PICT5827[1].jpgPICT5847[1].jpgPICT5861[1].jpg
PICT5862[1].jpgPICT5884[1].jpgPICT5902[1].jpg
PICT5905[1].jpgPICT5883[1].jpgP1060105[1].jpgPICT5838[1].jpg
最高のお天気の下で良い写真が撮れたと感謝しつつ体力的にシンドイので早々と着路に。
次回は番外編でまだまだ写真は終わらない。

17th FAI World Hot Air Balloon Championship, Tochigi, Japan, 2006 23日午後の部

2006-11-28
写真
競技はいきなりオン・ターゲットで始まった。
PICT5738-9[1].jpg
午後はミニマム・ディスタンス、とはこれまたラッキーである。
一等地に陣取りゆっくり観戦できる、当然午前に引き続き一斉離陸である。
夕暮れまで興奮の中もう見れるかどうか判らない競技を堪能いたしました。
PICT5695[1].jpgPICT5699[1].jpgPICT5701[1].jpg
PICT5703[1].jpgPICT5704[1].jpgPICT5705[1].jpg
PICT5708[1].jpgPICT5717[1].jpgPICT5730[1].jpg
P1060056-2[1].jpgPICT5740[1].jpgPICT5652[1].jpg
PICT5749[1].jpgPICT5751[1].jpgPICT5691.jpg

続きを読む

17th FAI World Hot Air Balloon Championship, Tochigi, Japan, 2006 23日午前の部

2006-11-27
写真
天気予報では午前一杯持てば良さそうらしいが明後日の天気がどうなるか怪しいので行くことにして4時半に出発し、のんびり6時チョイ過ぎに123号から土手沿いの悪路経由で到着。
思ったより人が少ない。
一度見たかった一斉離陸だそうな、思わずにっこり。
川側から撮ろうと思ったがどうも光が回ってこれでは暗そうなので向かいの土手の上に移動することに、60機がずらっと並ぶと壮観だ。
しかし空の明るさがドンドン変わって露出を合わせるのがもう大変。
次々と離陸して移動していった後、インフォメーションでTaskを確認したがさっぱり要領を得ない、仕方ないのでひたすら追いかけるが道がややこしい、お陰で第1ターゲットは既に終わっていた、ジタバタしてもしょうがないので、サポートの1台にくっついて追いかける。
完全にバラケたので、芳賀の道の駅で新鮮な野菜をどっさり買い込み、隣の温泉でゆっくりお湯につかり、カツ丼を戴いて気持ち良くお昼寝。
さっぱりして2時過ぎに午後の部の見物に向かう...
PICT5622[1].jpg


PICT5623[1].jpgPICT5615[1].jpgPICT5617[1].jpg
P1060062-2[1].jpgP1060038[1].jpgPICT5626[1].jpg
PICT5646[1].jpgPICT5653[1].jpgPICT5659[1].jpg
PICT5671[1].jpgPICT5674[1].jpg P1060050[1].jpg

2006年 紅葉狩り 奥武蔵 その4 能仁寺

2006-11-26
写真

ちょっと寄り道して名栗湖へ、紅葉に関しては特に見るべき物はないようだ。
感覚的にはそれ程でもないと思っていたが飯能までは結構時間が掛かる。
去年もそうだったがこちらの能仁寺は空いている、なんとも勿体ない話である。
真っ赤に色づいた去年と違って今年は寂しい限りだ、2・3日早かったような気がするが散ってしまった葉も多く不作の典型かな、それでも部分的には素晴らしい紅葉が見られる。
また来年もこれたら来よう、真っ赤な紅葉をテレビや写真を見てインチキと思っていたが初めて一面真っ赤に染まった風景を見たのがこの場所である。
PICT5578.jpg
PICT5581.jpgPICT5580.jpgPICT5576.jpg
PICT5568.jpgPICT5565.jpgPICT5564.jpgPICT5562.jpg
埼玉県の紅葉はもう終わりだ、千葉の21世紀公園の秘密の場所に行くか、都内めぐりかあと2週間が悩ましい。
立川の昭和記念公園の銀杏並木も今日がピークのようだ、来週はダメだな。


京都の紅葉が見られます--->  http://inuenikki.blog23.fc2.com/

無題

2006-11-23
写真
P1040897.jpg

花の写真をお題目にしている割には花の写真が出てこないのが心苦しいですが。
今回も花は無しです、この写真を見てなんだか判りますか?
ディスプレイの調整が出来ていないと判りにくいと思います、ちょっと昔の液晶でも苦しいかな。
正解は、黒ネコの尻尾の上に落ちた枯れ葉でした、失礼(^_^;)

今日は、熱気球を撮りに行って来ました、いまひとつ熱気球日和でなかったのですがとても幸運な一日でした、現像が結構大変だ、また次の機会に...

2006年 紅葉狩り 奥武蔵 その3 鳥居観音

2006-11-21
写真
東郷記念公園を出てさらに国道を秩父方面に、左手に子の権現の入り口の標識を入る。
狭い道を直進して峠越え、山を越えて名栗方面に。
通り越してしまい名栗湖入り口を戻る、飯能からくると標識があるので左にはいるとすぐ。
下の方はそれほどでもないが上に登るにつれ見事な紅葉でした。
真っ白な観音様が遠目に眩しい、赤いだけではなく彩りが実に素晴らしい。
ここはお絶対の薦めですね、来週は終わっているだろうけど(^_^;)
うすくモヤが掛かっていて引きはダメなので風か強い早朝がよさそうてす。
急いで登って1時間らしいが、結構上りはキツイ、医者にバレタラ怒られのは間違いないが水分を取りながらゆっくり登る。

しかし歩きは200円取られるのだが、車で登ると何人乗っていても500円とは計算が合わない、3人なら車で頂上まで行った方が安い計算だが、歩いて登った方が絶対良い。
PICT5534.jpg

PICT5492.jpgPICT5482.jpgPICT5493.jpg
PICT5498.jpgPICT5501.jpgPICT5514.jpg
PICT5521.jpgPICT5522.jpgPICT5530.jpg
PICT5531.jpgPICT5548.jpgPICT5540.jpg

PICT5476.jpgPICT5546.jpgPICT5547.jpgPICT5539.jpgPICT5475.jpg

次は名栗湖経由で能仁寺へ

2006年 紅葉狩り 奥武蔵 その2 秩父御嶽山/東郷記念公園

2006-11-20
写真
峠を下り、国道沿いを秩父方面に向かうと左側に秩父御嶽山/東郷記念公園があります。
以前何度も通っていますがこんな所があるとは判りませんでした。
時間が早いので駐車場はガラガラ、ちょっと行くと見事な紅葉ですが木が密集しているので構図はとても取り難いです。
途中から急な400段弱の階段になります、斜度の緩い迂回路もありますがかなり登る事に変りはありません、写真を撮るだけなら中段くらいで充分で上には素晴らしい景色も紅葉もありません、息が白いほど寒かったですが流石にこれだけ登るとかなり汗をかきますのであまり着込んでいかない方が宜しいかと。
戻ってきて意外ですがまだ駐車上には空きがありました。
PICT5450.jpg

PICT5468.jpgPICT5463.jpgPICT5451.jpg
PICT5438.jpgPICT5446.jpgPICT5448.jpg
PICT5445.jpgPICT5460.jpg
予報ではそろそろ曇りですがまだ大丈夫なようで、鳥居観音に向かいます。

tag : 紅葉狩り 秩父御嶽山 東郷記念公園

2006年 紅葉狩り 奥武蔵 その1 顔振峠

2006-11-19
写真
今回は顔振峠で車で登りました。  稜線沿いに整備された林道が秩父方面まで続いています。
下の写真は秩父の武甲山です、こちらから見ると削られた跡がよく判ります。
あと何十年かけて削って行きます、山を削るというよりセメントの材料の石灰岩を剥ぎ取っているのです。
最後はどんな形になるのでしょうか?
杉だらけで広葉樹はありませんので紅葉の方はサッパリでした。

PICT5415.jpg
この後、来た道を降りて秩父御嶽山/東郷記念公園に向かいます。

続きを読む

tag : 顔振峠 紅葉狩り

2006栃木熱気球世界選手権 追加情報

2006-11-17
写真
18日と23日にご注意下さい。 http://www.twinring.jp/balloon/

秩父の中津峡は終わってしまったようだ、さて明日は
●宇都宮のバルーンへ行くか
●顔振峠→東郷記念公園→鳥居観音→能仁寺
さてどちらに行くか悩ましい。

tag : 熱気球 バルーン もてぎ ホンダグランプリ ツインリンク

2006年3月 渡良瀬遊水池 野焼き

2006-11-15
写真
熱気球撮影の当日の朝、予定地に行ってみたが誰もいない(^_^;)上流部へ移動して探してもやはりいない、日を間違えたかと半ば諦めながら下流へ行ってみたら、なっなんと野焼きが延期で今日になったのでスタート地点はずっと下流に移動する、の張り紙が1枚とは....
急いでまた移動したら土手で見えずに行き過ぎてまた戻り、なんとか間に合う。
テークオフの撮影をなんとか済ませて追いかけたが熱気球はスイスイと川を渡るがこちらはグルッと回って橋を渡る、これは大変と思ったら北の方がなにやら怪しい雰囲気。
早速西岸の混雑する道路を雲に向かって移動すると、人が一杯。
道路が狭いので少し離れた迷惑にならない所に車を止めて早速撮影開始。
しかし凄い物だ、こんなに大規模とは知らなかった。P1050560.jpgP1050561.jpgP1050562.jpgP1050563.jpg

P1050564.jpgP1050565.jpg
上から見ているうちは良かったが、うんと近く行って迫力あるドアップで撮ろうと思ったのが浅はかな考えだった。
この後の顛末はまた次回。

tag : 渡良瀬遊水池 野焼き 熱気球

2006年3月 渡良瀬遊水池の熱気球

2006-11-14
写真

PICT2377.jpg


この朝実は大変な事が起こりました、この話は後日としまして...

テークオフを見送った後バルーンは川向こうに、追いかけるも大変で途中で断念。
やはり競技中の写真はもてぎの方が楽ですね。

P1050558.jpgPICT2350.jpgPICT2354.jpg

PICT2357.jpgPICT2358.jpgPICT2372.jpg

PICT2360.jpg
     

 ⇒  Photo Blog Premier Quartier



tag : 熱気球 バルーン 渡良瀬遊水池

2006MOTEGI熱気球インターナショナルチャンピオンシップ

2006-11-12
写真
2006栃木熱気球世界選手権とも言うらしい。
以前紹介しましたがいよいよ今度の土曜から開催されます。

2006年11月18日(土)~26日(日)※競技飛行は11月19日(日)~25日(土)を予定

http://www.twinring.jp/balloon/world/02.htm

●18日はもてぎに行ってもなにも見られません。
●強風の時は結構競技がキャンセルになりますのでご注意
●午前の部は朝の6時くらいに到着するつもりで、スタート地点が風向きで変更になると置いていかれます(ToT)/~~~
●お天気は晴れていたほうが絶対良いです。
●朝はちょっと寒いとカメラを持つ手が震えます、充分な防寒を。


P1050122.jpg

テークオフしてから地上スレスレを東に、最初のマーカーとは正反対の方向へ、この後上昇しながら右に回って戻ってきます。
周囲が山で盆地状のの為風は回っているようです。



戻ってきました。


たぶん最終マーカーへのアプローチです。
屋根スレスレですね(@_@)

続きを読む

tag : もてぎ,熱気球,ホンダグランプリ,ツインリンク

フォト蔵

2006-11-11
写真
朝、ネットをお散歩していたら

こんなものを見つけました http://photozou.jp/

まだ試していませんが大量のアルバム用としては良さそうな気がします。

もし試された方がいらっしゃいまいしたら感想でも頂ければありがたいです。

お気に入りの写真 その2

2006-11-11
写真
関東は冷たい雨ですね、今日は奥秩父に紅葉を撮りに行く予定でしたが中止です。
明日もダメみたいで、上野の東京美術館に日展を見に行こうか思案中。

下の写真もいまいちですが個人的な趣味です、できればこちらの方面にとも思うのですが自宅周辺で身近にと云う訳にもなかなかいきませんのでボチボチと...



PICT0486-2.jpg




お気に入りの写真 その1

2006-11-08
写真
写真としてはそれ程でもないですが、気に入っているシリーズ第1弾


PICT1682-2.jpg

都電荒川線 の 秋バラ

2006-11-06
写真
王子駅前から三ノ輪橋まで都電に乗って車外を眺めながらのんびりとと行くつもりだったが一の酉とお地蔵さんの縁日が重なりギュウ詰めまではいかないが中々の混雑。
三ノ輪橋から熊野前まで歩って戻ってまいりました。

一応は東京育ちなのだがチンチン電車に乗った記憶がない、懐かしいというよりもの珍しいという感じでした、紹介して頂ただかなければ一生ご縁がなかったですね、ありがたいです。

本音だとそれほど期待していなかったけれど線路沿いにずっとバラが続き生活感のある花というのも植物園の花とは感じるものも違うものです、。
これだけ有ると管理するのも大変だろう、時期的に丁度良く花も若々しいものが多く撮り甲斐がありました。


5278


PICT5368.jpg

いつもの通り残りの写真は → http://leo.sub.jp/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © saihokusibu All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。